田園都市線・宮崎台駅前 一生涯のキレイを手に入れる!子連れOKのベリーダンス教室

menu

ラクスヤスミン ベリーダンススタジオ

~クラシックダンスに夢中だった子供時代~アナヒッド・ソフィアンの半生記第4回

前書き
今回よりいよいよ彼女の半生を幼少時代より振り返っていきます。幼少よりダンスが好きで、クラシックのダンサーになることを夢見ていたアナヒッド。恵まれた才能と身体能力を持った彼女はクラシックダンスのキャリアを築いていきます。

Preface
From this time I will look back on her early childhood. Anahid loved dancing and dreamed of becoming a classic dancer. With a blessed talent and physical abilities, she built a career of classical dance.

【お断り】
本連載で引用しているテキストおよび写真はアナヒッド・ソフィアンの許可を得て使用しています。無断転載は固くお断りいたします。
(Images are posted with permission from Anahid. Unauthorized reproduction of images and texts is strictly prohibited.)

Anahid Sofianの公式サイトはこちら→ http://www.anahidsofianstudio.com/

***************


アナヒッドの母、ベルジューヒの16歳当時の写真
Berdjouhi, Anahid’s mother the age of 16.

私の両親は1920年代の終わり頃、トルコからニューヨークに移民としてやって来て、兄のマラルと私はそこで生まれました。アナヒッドという名前はとても古く、アルメニアの異教の女神に由来します。ペルシャにも同じ女神がいますが、そこではアナヒータと呼ばれています。
My parents were both from Turkey and emigrated to NYC in the late 1920s, where my older brother, Maral, and I were born. My name Anahid, is very ancient. It is the name of a pagan Armenian goddess. The Persians have the same goddess but named Anahita.

私の父は詩人で、母には歌の才能がありました。私は幼い頃からダンスの才能があり、ラジオから音楽が流れるといつも、踊ったり回ったりしたものです。母は私にダンスを学ばせようとしましたが、父はとても保守的で厳格で、ダンスは品の良い女性がやるものではない、と反対しました。私はピアノを学び兄はバイオリンを弾きました。私は兄に伴われて両親の友人のためにささやかな演奏をすることもよくありました。
My father was a poet, and my mother had a gift for singing, I showed talent for dance from a very early age – any time music came on the radio, I would start to dance and twirl around. My mother wanted me to take dance lessons, but my father was old-world and very strict; respectable women didn’t dance. I was given piano lessons, and my older brother played the violin. I used to accompany him and we would do small performances for my parents’ friends.

12歳のときに、私はやっと許可をもらってバレエやタップ、アクロバットの勉強を始めることができました。バレエは週にたくさんレッスンを受け、メキメキと上達していきました。先生は私にトウシューズを履かせて「白鳥の湖」のソロをプライベートに教えてくれました。
However, at around 12 years of age, I was finally allowed to study ballet, tap and acrobatics. I developed very rapidly in ballet and I was taking many classes a week. My teacher put me on pointe and started to teach me a solo from Swan Lake privately.


白鳥の湖の衣装を着た14歳の頃のアナヒッド
Anahid at age 14 in her Swan Queen costume


アクロバティックなポーズを取るアナヒッド。
Anahid does an acrobatic pose

大人になってからは、モダンダンスをレスター・ホールトンの弟子のベラ・レウィッツキーに師事し、同時にジャズやアフロ・キューバンダンスも学びました。私がミドルイースタンダンスに興味を持つようになったのは、かなり後のことです。
Later as an adult, I also started to study modern dance with Bella Lewitsky, a protégé of Lester Horton, and other dance forms such as jazz and Afro-Cuban. My interest in middle eastern dance came much later.”

 

編集後記
私がアナヒッドの半生記を紹介したいと思ったきっかけが、彼女が今年の「母の日」にSNSにあげていたお母さんの写真を目にしたことでした。
私はオリエンタルダンスの先生としてのアナヒッドしか知らない。
どこで生まれて、どんな風に育って、どこでオリエンタルダンスに出会ったのだろう?
そんな素朴な疑問と興味を持ったのでした。

次回はいよいよアナヒッドとオリエンタルダンスの出会いを紹介していきます。

Editor’s Note
The reason I wanted to introduce Anahid’s Half-life note was that I happened to see a picture of her mother which she posted in SNS on this year’s “Mother’s Day”.
I only know Anahid as an oriental dance teacher.
“Where were she born, how did she grow up and where did she meet Oriental dance?”
I had such simple questions and interests.

Next time I will introduce encounters of Anahid and Oriental dance.

関連記事

キレイになれる!ママベリーダンス教室

ベリーダンスバナー用