田園都市線・宮崎台駅前 一生涯のキレイを手に入れる!子連れOKのベリーダンス教室

menu

ラクスヤスミン ベリーダンススタジオ

ベリーダンスでキレイになろう~音楽を知る・歌詞編~

前回の記事で、ベリーダンスでキレイになるには表情も大切ですよ、ということを書きました。

気持ちを込めて踊るには、踊っている曲の意味を知ることも大切ですよね。

前回も述べたとおり、ベリーダンスに使われる歌謡曲の殆どは、恋の歌。
有名な曲であれば、歌詞をネットで調べることもできます。

例えば、今私の教室の基礎クラスで教えている曲はちょっと哀愁を帯びた雰囲気なんですね。
題名は、日本語に訳すと「黒い瞳」。
歌詞を読み進めていくと、どうも過ぎ去った恋を思い出している様子です。

貴女の黒い瞳は、私の情熱に火をつける
私の胸はうずきだす
過ぎ去りしあの恋を思い出す…

という感じで切々と歌っています。

情熱的ですね!
私は振付に使いたい曲は可能な限り歌詞や意味を調べるんですが、内容がしつこい、いや抒情的だなと思うことがとても多いです。

個人的な見解ですが、「百人一首」に通じるものがある。

恋愛がオープンでなかった平安時代の日本の和歌と、今もなお男女の交際に制約が多い中東圏の歌謡、両者とも愛や恋を語る言葉が逆に豊かで、ため息が出るほど美しかったりします。

だから、その気持ちを大事に踊りたいですね。

美しい、豊かな言葉を大切にして踊ると…その踊りもまた、魅力的になるはずです。

関連記事

キレイになれる!ママベリーダンス教室

ベリーダンスバナー用