田園都市線・宮崎台駅前 一生涯のキレイを手に入れる!子連れOKのベリーダンス教室

menu

ラクスヤスミン ベリーダンススタジオ

ベリーダンスでキレイになろう~音楽と一つになる・リズム編~

あなたにとってのベリーダンスの魅力ってなんですか?

ベリーダンスの魅力を語る言葉はたくさんありますが、迷いに迷って一つ上げるとするならば、「音楽との一体感を味わえる」ことかな、と思います。

大学生のとき、初めて観たベリーダンスは、うねるような旋律、大地から湧き上がるようなリズム、その一つ一つを身体で表現していて衝撃的でした。
まるで、人間の身体がそのまま楽器となって音楽を奏でているように見えたのです。

ベリーダンスの音楽は、西洋音楽を聴きなれた耳にはちょっと不思議に響きます。
1曲の中でしょっちゅうテンポが変わったりするので戸惑ってしまうこともしばしば。
一瞬とっつきにくい印象もあるのですが、ショー用に作られた楽曲にはおおよそ次のようなシナリオがあり、そのシナリオに沿ったリズム構成になっているんです。

=ダンサー入場、アップテンポなリズム。(代表的なリズム:マルフーフ)
=主旋律が始まり、ダンサー定位置に着く。入場時よりややゆっくりめのリズム。
(代表的なリズム:マスムーディ、マクスーム)

=スローパート。メロディアスでセクシー。即興演奏が入る場合もあるパート。
(代表的なリズム:シフティテリ)

=一転、ダイナミックなドラム即興が入るパート。(代表的なリズム:ファッラーヒ)
=「起」で使われたリズムとメロディーが戻ってきて、フィナーレ。

例外ももちろんあるんですが、ざっとこんな感じです。
各パートで使われるリズムも大体定番があるので、リズムをよく知ることでどこに動きのアクセントを置けばいいのかも分かってきます。

ベリーダンス音楽ともっと仲良くなりたい!と思ったら、音楽にちりばめられているリズムを知ることがとても大事になってきます。

関連記事

キレイになれる!ママベリーダンス教室

ベリーダンスバナー用