田園都市線・宮崎台駅前 一生涯のキレイを手に入れる!子連れOKのベリーダンス教室

menu

ラクスヤスミン ベリーダンススタジオ

ヘナとベリーダンスの切っても切れない不思議な関係

「生命」をキーワードとして結びついたヘナとベリーダンス

ベリーダンスとヘナアートは中東・北アフリカで古代より受け継がれて来た文化で、お互いに「結婚」や「出産」といった生命を象徴するキーワードで結びついています。

中東の結婚式では踊りとヘナは欠かせません。結婚式前夜に花嫁の手足をヘナで染め、花嫁を囲んで踊る風習もありますし、またエジプトの結婚式では、子宝に恵まれることを祈って新婦がベリーダンサーのお腹に手をかざすといった習慣もあるのだそうです。

「出産」もまた、ヘナとベリーダンスを結びつけています。
ベリーダンスのあのうねるようなお腹の動きのルーツは出産にある、と言われており、サウジアラビアのある部族ではかつて、出産中の妊婦さんの周囲を部族の女性が囲んで踊って出産を先導したという風習があったのだそうです。
また、赤ちゃんと妊婦さんを悪いエネルギー(悪霊や他人からの嫉妬の視線)から護るための魔除けとして、妊産婦さんにヘナが施されてきました。

「超自然的な力」をキーワードとして結びついたヘナとベリーダンス

ベリーダンスは世界最古の踊り、と言われています。超自然的な力とコンタクトを取るための手段として踊りが世界各地にあるように、ベリーダンスもまた、古代の女神信仰と結びついて踊り継がれたという歴史があります。前述したようにヘナを施す習慣もまた、悪いエネルギーを退ける魔除けとして古い神話の時代から現代まで受け継がれてきています。

ベリーダンスとヘナが結びついた形として知られているのが、エジプトにあるトランスダンス、「Zar」。
今日ベリーダンスのレパートリーの一つとしても知られていますが、もともとは悪霊を払う儀式で踊られたダンスです。その儀式で踊るダンサーも祈祷師も、参列する客もみな、祓われた悪霊に憑りつかれないようにヘナで身体を装飾して護ったのだそうです。

日本でおそらく唯一のヘナアーティスト・ベリーダンサーとしてやっていきたいこと

知れば知るほど、ヘナアートとベリーダンスは分かちがたいものとして私の中に存在しています。

おそらくは日本で唯一のヘナアーティスト・ベリーダンサーとして私がやってきたこと、そして今後もずっと続けていきたいことは、女性のライフステージの節目や変化をダンスとアートで美しく演出し続けることです。

ヘナ&キャンドル作品はインスタでご覧になれます。よかったらフォローしてくださいね!

iPhone-2014.11.29-15.28.41.000