• 080-3427-8713
  • raksyasmin@gmail.com

月別アーカイブ 2020年9月15日

こどもたちの成長(発表会こぼれ話2)

前回に続き、発表会舞台裏のちょっといい話をお伝えしていきます。

発表会の後、ゲスト出演してくださったウード奏者の矢島夕佳里さんが、「一年経ってお子さんたち、随分成長しましたね」、としみじみ仰ってました。

私は普段から接しているのであまり気にも留めないけれど、たしかに一年ぶりに会うとこどもたちは全然違うんだろうな、と思います。

そういえば、去年も楽屋にいた彼らは暇をちょっと持て余してかくれんぼ始めたりとか、走り回ったりとかして、出演者ママさんに「(客席の)おばあちゃんのところに行っておいで」って何度も言われてましたっけ(笑)。

それが今年は客席と楽屋を行ったり来たりする自由さはそのままに、でも、舞台に出る直前に客席の状況教えてくれたりとか、ドアを抑えてくれたりとか、カメラマンになってくれたりとか、色々気の利く小さなお手伝いしてくれて。

おまけに、ゲスト出演のウエダさんと矢島さんといつの間にか仲良くなっていて、アラビア語の挨拶を教えてもらったりしていたようです。

そういえば、この子たちは全員、赤ちゃんの頃からのお付き合い。

ママを慕って暴走?する彼らをどれだけ強制抱っこして押しとどめてきたことか(遠い目)。

…そんなことも今では、いい思い出。

彼らの成長を見守れる楽しさが、私の教室運営の原動力の一つだったりします。

単身赴任先から届いた花束(発表会こぼれ話1)

発表会が終わり、後片付け関連事務も一通り済んだので、発表会現場でのちょっといい話をお伝えしていこうかと思います。引き続きお付き合いくださいね。

コロナで規模縮小での開催はすでにお伝えした通りですが、発表会後の「お客さまとの交流タイム」も今回中止とさせていただきました。

(よって、花束もお預かりスペースを設けてそこに置いて帰っていただくようにしました。)

寂しいですが、感染症対策のため仕方ないですね…

会が終わり出演者も退出したあと、私も帰ろうと花束スペースの確認にいきましたらなんと、すでに帰ってしまった出演者さん宛への花束が。

あらら、すぐに連絡しなきゃ!

誰からなのかラッピング確認しましたら、なんと、単身赴任中のだんなさまからだったんです。

遠く離れていても、奥さまの晴れ舞台に合わせて花束を贈るなんて、なんて粋なだんなさまでしょう!

全然そんな素振りを見せなかった、と照れながら花束受取りにいらした出演者さん。

びっくりさせたかったんでしょうね、きっと。

忙しかった一日をこんなストーリーで締めくくれてなんだか私も本当に幸せな日でした。

チャリティー発表会無事終わりました!

ヤスミンです。一昨日無事発表会が終わり、なんだかもぬけの殻になっていましたが、やっとブログ書けるまで回復してきました(笑)。

まず、感謝の気持ちを伝えたいです。

観に来てくださったお客様、出演してくれたスタジオダンサーズのみんな、こどもたち、私の大好きな世界を音で描いてくださったゲストミュージシャンのウエダタカユキさん、矢島夕佳里さん、Gemini Theaterのスタッフの方々、応援しに来てくれた夫。

本当に、有難うございました!

コロナ禍のさなか、果たして発表会を開催していいものか。

感情論に走れば開催、慎重論に走れば中止。

かなり迷いはしたけれど、会場として今回お願いしたGemini Theaterさんが感染症対策をきっちりされており、なおかつ…年に一度のみんなの輝く姿がどうしても見たいという自分の気持ちを抑えられず、規模を縮小しての開催に踏み切りました。

普段と違って、必ず応援に駆けつけてくれてた家族がいなかったり、友達も誘えなかったり。

ちょっと寂しいかな、テンション下がるかなって思ってたけれど、音楽が始まって舞台が明るくなると、生き生き踊りだすみんな。

感動しました。

コロナだって私たちの「踊る自由」を奪えないんだ。

大変な時期でしたが、無事開催できて感無量です!

【チャリティー募金報告】

募金総額11,258円は「あしなが育英会」に送金いたしました。
みなさまの温かいお気持ちにあらためて感謝します。

「踊って社会貢献」を今後も続けていきたく、またご支援のほどよろしくお願いいたします。

チャリティー発表会の趣旨について

コロナ禍で世の中が短期間に物凄い変化をしているように感じます。
新しい仕組みを急速に作っていかなければ生き残れないような、そんな焦りも感じたりします。

そんな変化の中で、街角で見られなくなった光景の一つが「街頭募金」。

今はネット募金が主流になっているのだろうけれど、「募金活動」という活動そのものを目にする機会が無いと、その必要性を感じにくくなるようにも思います。

Studio Yasminの教室発表会は、東日本大震災を機に「チャリティー発表会」へとスタイルを変え、入場料の代わりに集めた募金を主に「あしなが育英会」に送金してきました。

社会的な支援を必要とする、とりわけこどもたちに「自分の足で将来を歩む」力をつけて欲しい。

趣旨にご賛同いただけましたら、私たちの踊りを楽しんでいただけた分だけ募金をお願いいたします。

(コロナ感染予防のため、対面での募金活動はいたしません。会場に設置してあります募金箱にお願いいたします。)

Studio Yasminチャリティー発表会2020

日時:9月6日(日) 12:30 開場 13:00 開演 14:30 終演予定

Gemini Theater
〒158-0094 東京都世田谷区玉川3丁目20−11 B1
03-6431-0261
(東急田園都市線・大井町線二子玉川駅下車徒歩6分)
ウェブサイト
予約専用ページ

入場料:600円(ワンドリンク込み。座席を必要としない幼児は無料)

出演:Yasmin & Studio Dancers
ゲスト出演:ウエダタカユキ、矢島夕佳里