• 080-3427-8713
  • raksyasmin@gmail.com

年別アーカイブ 2021年12月28日

レッスン納め

本日を持ちまして、今年のレッスンは終了しました。
関わってくださったみなさま、どうも有難うございました!

今年はコロナとの付き合いに苦しみ、スタジオ代の大幅値上げに苦しみ、と今までにないハードな年でしたが、それでも一年無事にレッスン納めができたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

世界を見渡すと、自分はとても恵まれていることがわかる。
生活全般は勿論のこと、芸事に対しても大きな制約を受けることなく、やりたいことを表現する自由がある。

古代の遺跡からの出土品や壁画を見れば、踊ることや、音楽を奏でること、絵を描くことなど、つまり「表現すること」って人間の根源的な欲求だとわかるし、人間が人間であるために必要なものだと思う。

だから、例えば宗教的な解釈や政治的な理由でこれらの自由を抑圧するのは、人間性に対する暴力だと思う。

今年も世界で様々な出来事があった。表現の自由を奪われた友人もいるし、芸能活動の自由を求めて移住を決めた友人もいる。

今年一年、色んなことがあって正直とてもきつく、落ち込むことも多々あったけれど、でも私は踊りが好きで、続けられる環境にあることに感謝しています。


振り出しに戻りましたが、これを読んでくれている踊りの好きなみんなのおかげで、私は無事今日を迎えることができました!本当に、本当にありがとう。

来年もどうぞよろしくお願いします!!

今日のルーティン:

  1. 旋回
  2. シミー
  3. 基礎錬
  4. ヨガ

「彼女」が「私」になったとき

今回も引き続き、「感情を踊りで表現する」ことについて、自分が体感したことについて書いていきます。

今日もオンラインで学んでいるペルシャンダンスの課題やってました。
とある物語の主人公になり、そのストーリーに沿って踊りながら彼女の気持ちを表現していきます。

いや、恥ずかしいですよね。
私は苦手です。

感情表現=苦手をなんとか克服したくて、数年前マイムの体験レッスンも受けたことあるんですが、劇団に所属する俳優さんたちの中で一人、ド素人。
日常生活の中のほんの些細な出来事を表現するのに私一人が棒人間のようでありました。ああ恥ずかしい。

今受講しているコースも、日本人、というかアジア系は私だけなんですよね。
美しい容姿と豊かな表現力を持つ仲間たちの中で埋没してしまいそう。(ついで言うと自分が多分一番年長。。。)
負けじと気もちを込めてみると大根役者みたいになってる自分がいたりして。ああ恥ずかしい。

それでも、今日は主人公の気持ちになって動こうと練習を重ねていたら、すっと「彼女」が私に入り込む瞬間があったんです。彼女になり切るのではなく、彼女=私の瞬間が。

そうしたら、「彼女」の感情がそのまま動きになり、踊ったあとの爽快感に我ながらびっくり。

私は「癒し」とか「ヒーリング」って言葉は本当は好きじゃなかったのだけれど(それを連発すればするほど伝えたいことが陳腐になってしまう気がして)、先生のおっしゃってた「主人公に自分を重ね、様々な感情を開放していくことが自分自身を癒すことになる」というのが少しわかった気がします。

こういったこと、ベリーを切り口にしてできないかなぁ。踊れば踊るほど心が解放され豊かになって創造力もつくような。


せっかく学んでいることなので、ゆっくり自分の中で消化してフィードバックできたらなぁと思います。

ここまで読んでくれた貴女に質問。
感情のままに動くこどもを見て「うるさいけど羨ましいな」って思ったこと、ありますか?

今日のルーティン:
1. 旋回
2.シミー
3. 宿題
4. ヨガ


追伸:
今日の練習動画をインスタにあげました。良かったらのぞいてみてくださいね。

https://www.instagram.com/p/CXivgDflrHO/

感情を踊りで表現することって本当に難しい

私は実は、10月末からオンラインでダンスを学んでます。
ベリーダンスではなくて系統としてはペルシャンダンスなんですが、イランの文化的背景の勉強やダンス理論、即興などなど、実践も座学も(宿題も)あってなかなかてんこ盛りな内容です。7か月続く予定で、1クールが終わって2クール目に入ったところです。

このコースの受講を決めたのは、「即興」「セラピー」この二つとじっくり向き合えることかな。同じような内容のワークショップは過去単発で取ったことがあります。でもまあ単発なので、その瞬間はアドレナリン出まくって腑に落ちたぞ!って思っても、では本当に自分の中に落とし込んでいけたか、というとそうでもない気がするのです。

学びは楽しいですが、自分に否が応でも向き合わなければならないという課題も出てきますね。じっくり向き合うんだから、当然といえば当然ですが。

普段から踊っているし、そこに感情を込めるというのもこれまでもやってきたことだけれども、あくまでもそれは自分が表現しやすい範囲内でのこと。

だから、自分の守備範囲から踏み出して、ある人物になり切って踊るというのがなかなかどうも、恥ずかしいし難しいし。

だけど、その人物は自分自身であり、自分が気付いてこなかった感情を開放するキーパーソンであるようなのです。
そして、その人物になり切って踊ることが、自分自身を癒していくことになる。

…まあでも、難しいです!
なり切ろうと力んでへんてこりんな踊り。それが嫌で動きをコントロールしようとすると、そっちの方に気持ちがいっちゃうし。

先生(イラン人です)のように、自然に美しい動きが湧き出てきて、それを見ているだけでその踊りが持つ「感情」に包み込まれるような、そんな踊りができるようになりたいなぁと思います。

これを読んでくれたあなたに質問。

あなたは踊っているときどんな気持ちになりますか?

今日のルーティン:

  1. 旋回
  2. シミー
  3. ペルシャンダンス宿題
  4. ヨガ

セラピーとしてのベリーダンス

ベリーダンスはセラピーでもある、という話を聞いたり読んだりしたことがあります。

最もわかりやすい例としては、出産とベリーダンスの関連性。骨盤周りを使うベリーの動きは安産を助けるものとして、中東の古い習慣の中に見られるそう。

それから、通過儀礼。
女の子が初潮を迎えて成人女性の仲間に入る儀式、婚礼など、節目節目に登場するベリーダンス。
ライフステージが変わる時、自分を勇気づけ、支え、周囲と繋がるための踊り。

今は医療も発達しているし、通過儀礼って言葉自体もなんだかプリミティブに響く。けれども、時代は変わっても現代を懸命に生きるわたしたちも本能的にダンスを求めているかもしれない。「わたし」がわたしであるために。

ベリーダンスを始めるきっかけは美容目的といった外的なものかもしれないけれど、ずっと踊っているうちに、意識はどんどん内面に向かっていくんじゃないかな、と思う。少なくとも、自分はそう。

みなさんは、どうですか?

今日のルーティン:

  1. 旋回練習
  2. シミー
  3. 踊り
  4. ヨガ

ひとりひとりの気持ちに寄り添って

前回更新から大分日が経ってしまいましたが、元気にしてます。
10月末に両親の顔を見に富山に3年ぶりに帰省したり、11月は逆に母にこちらに来てもらったりとプライベートもちょっと忙しくしてました。

コロナ禍も今は小康状態なのか、気を緩めてはいけないもののほっとしますね。
まだ1年を振り返るには早いけれど、なかなか厳しい年だったかな。。。

不安を行動で打破しようというのがこれまでの自分のパターンだったけれど、それも思うようにできない1年で。
これからどうしていけばいいのか、悶々としていたのがこの夏からごく最近までの自分。

そんな中、たまたま手に取って読んだ1冊の本にヒントを見つけました。

「沖縄から貧困がなくならない本当の理由」(光文社新書・樋口耕太郎著)

タイトル通りの内容と思いきや、読み進めると実は経営哲学に行きつくという興味深い本です。


最近の自分は、コロナ禍に追い打ちをかけるようなスタジオ代の値上がりで、とにかくいかに経営を維持するか、そちらの方にばかり神経をすり減らしていて、ダンスを通じて生徒さんたちが何を求めているか、にまで気持ちが回っていなかったということに気付いたのでした。

では、ひとりひとりの気持ちにどう寄り添うかというと、まずは自分がどうありたいのかを知って、自分を満たすこと、そしてその上で「人の関心に関心を持つ」こと。

ダンスを通じて自分が求めているのは、音楽と一つになって湧き出てくるものを表現すること。
そのプロセスと解放が自分を満たしてくれる。

音楽と一つになるためには技術も型も必要で、それをレッスンで教えつつ、ではそのツールを使って生徒さんたちはどうしたいか、そこにフォーカスしていきたいな、と思ってます。

絵を描くこと

今日は踊りと並んで自分が大切にしている「絵を描くこと」について書いてみようと思います。
踊りと絵は私の中では別々ではなくてかなりがっちりと結びついているものでして。

ベリーダンスの波打つような動きと私が好きで描いている中東風の絵に登場する植物文様はとても似ている。同じ文化圏だからなのかな。

ベリーダンスは中東発祥の踊りだから、より深く知りたいと思うとそれが生まれた文化にアプローチしたくなりますよね、例えば、言語だったり、料理だったり、音楽だったり。

私の場合は逆ルートで、先に中東のアートへの興味があってその先で出逢ったのが、踊り。
順番は逆でも、踊りの方をずっとやっていて、本格的に中東の絵を習うようになったのはごく最近のことです。

今、踊りと絵、両方に没頭できることが最高に幸せ。

オンラインで習ったペルシャ装飾写本作品に、一昨年虹の橋を渡ったセキセイインコを描き入れました↓

この作品はポスターになって世界と日本のあちこちの優しい人々にもらわれていきました♪

(作品をポスターにするにあたってお世話になった印刷屋さんはここです。初めての私の初心者な質問に丁寧に対応してくださってとても助かりました。とても感謝しています↓)
大判出力 ポスター印刷のソクプリ

さて、今日は夕方から久しぶり過ぎる、楽しみ過ぎるアゼルバイジャンダンスの個人レッスン!
張り切って行ってきます!

今日のルーティン:

  1. 旋回
  2. シミー
  3. 民族舞踊
  4. ヨガ

ジルのゴム替え

今日は緩くなってきていたジルのゴム替えをしました。
パジャマのパンツのゴム替えも面倒くさいですが、ジルのゴム替えはもっと面倒くさいですね(笑)。
でも、放置すると演奏中に落下する危険性があるのと、緩いのが気になって気持ちよく叩けないので、潔く、替えます。

今回は、その手順を写真で説明していきます!


まず、用意するもの。

  1. 幅広のゴム(100均で売っているパジャマゴム)
  2. 針と糸
  3. 毛抜き

ジルは親指と中指にはめて使うので、親指用はそれと分かるように目印を付けておくといいと思います。
私はビーズを縫い付けて目印にしてます。ビーズだと触った感触ですぐに親指用だとわかるので、踊っている途中から装着するときに便利です。

ジルの穴にゴムを通します。ジルによっては穴が狭くてゴムが入れづらい場合があるので、そういった時に毛抜きがあると便利です。

ゴムを通したら、指の太さに合うように縫います。
因みに私は見た目がすっきりしてていいという理由でジルの内側で縫い合わせてますが、反対側を縫う人もいます。多分好みの問題だと思います。

縫ったら玉止めする前に必ず指にはめてみてください。
案外やり直した方がいいな、と思うことが多いので。

ゴム替え終了しました。
これで快適にがんがん叩けます♪

今日のルーティン:

  1. 旋回
  2. シミー
  3. ヨガ

「音楽の家」発表会無事終わりました

ヤスミンです。昨日無事「音楽の家」発表会終えました。
民族音楽楽器タールのイラン人奏者さんから、「現地の人かと思った」って最高の誉め言葉いただきました♪
(写真はまだいただいてないので去年のを載せておきます💦)

私はアゼルバイジャンダンスの柔らかな手の動きが大好きなので、これからも細々長く続けたいなぁと思います。手先まで神経が行き届くってベリーダンスにも生きてきますしね。
今回発表会に誘ってくださった「音楽の家」主宰のグルナラさん、有難うございました。

さて、一夜明けて今日はベリーのレッスンで、帰宅後とっても嬉しいとっても嬉しいとっても嬉しい連絡がありまして。

体調不良でずっとお休みされてた生徒さんからの復帰しますメッセージ。
言葉には出せなかったけれどずっと心配だったから。

本当に本当に良かった。回復して!

霧がぱああと晴れた日でした♪

今日のルーティン:

  1. 旋回
  2. シミー
  3. ヨガ
  4. 振付手直し

「音楽の家」発表会

前回記事でお伝えしています「音楽の家」発表会の詳細が決まりました。


クラシック主体の音楽教室ですが、主宰のグルナラ・東・サファロヴァさんの故郷、アゼルバイジャンと周辺地域の民族音楽を紹介するコーナーもあります。

私は、そのコーナーの中でアゼルバイジャンの歌に合わせて1曲即興で、もう1曲は伝統舞踊を披露します。

観覧は無料ですが、感染症対策のため予約が必要となります。
(ご希望の方はチラシ画像掲載のメールアドレス、もしくは私にメッセージをお願いします。)

もう本番まで2週間を切ってしまいました。


練習してもまだ納得いかない自分の動きに焦りを感じるのと、
即興=好きに踊っていい、からこそ不安と焦りを感じるのと。

でも、憧れのアゼルバイジャン舞踊をまた舞台で踊らせてもらえること、本当に幸せです。
もしお時間ありましたら、観に来てくださいね。

今日のルーティン:

  1. 旋回
  2. シミー
  3. 民族舞踊の練習
  4. ヨガ

アゼルバイジャン舞踊を踊ります

三連休の最後の日、電車に乗って旭区民ホールというところに合わせ練習で行ってきました。
アゼルバイジャン出身のピアニスト、グルナラ・東・サファロヴァさんに誘われて、彼女の主宰する「音楽の家」という教室の発表会に民族舞踊で飛び入り参加することになったのです。

クラシック主体のお教室だけれど、祖国をこよなく愛すグルナラさん、民族音楽や歌のレッスンメニューも設けていらっしゃいます。
(私は昨年までこのお教室でアゼルバイジャン舞踊を習ってました。かの地の踊りの手の動きの美しさに憧れて、習得してベリーダンスに生かしたい、と思っていたからです。残念なことに民族舞踊のコースは閉鎖されてしまったけれど、忘れたくなくてずっと練習は続けていました。)

今日の練習は歌の方々とご一緒させてもらいました。
ジョージア(アゼルバイジャンの隣国で、グルナラさんの生まれた場所でもあります)の美しい宗教歌、トルコの民謡、アゼルバイジャンの歌(この歌と、タールという弦楽器に合わせて私は即興で踊る予定)…

歌を聴くのも楽しかったし、踊らせてもらってもっともっと楽しくなりました♪

発表会では、録音音源でもう1曲、アゼルバイジャンの伝統舞踊も踊ります。
このような機会を設けてくださったグルナラさんの感謝の気持ちでいっぱいです。

本番まであと1か月、練習頑張らないと!
(「音楽の家」発表会は10月9日(土)旭区民ホールにて開催予定。詳細決まりましたら告知します。)

今日のルーティン:

  1. 旋回
  2. シミー
  3. ヨガ
  4. 民族舞踊