• 080-3427-8713
  • raksyasmin@gmail.com

月別アーカイブ 2015年3月23日

キャンドルの炎に彩られた「ペルシャのお正月」

一昨日開催したスタジオハフラ「ノールーズ」(ペルシャのお正月)。
特別な時間を生徒さんたちと過ごすことができました。

写真でノールーズを振り返っていきます。

10570307_332537310277785_157957508334512036_n

ノールーズのお飾りです。
ハフト・スィン(7つのS)という頭文字がSで始まる縁起の良い品々で飾ります。

ダンスタイムの始まり!
この日のために練習してきた成果を魅せあいっこします。
13760_10203319505461542_8302486026442472153_n
11609_10203319505621546_5355426403000030593_n10686643_10203319506301563_2199163487732285343_n

11081079_10203319508141609_6570171822715648831_n

ダンスの後は、キャンドルを囲んで「新年のお願い」をシェア。
10439483_809547132457934_4976096637908405142_n 11079648_809548835791097_3774621264096378650_n

そして…お待ちかねのディナータイム!!
11069424_10203319513341739_7278446927003290045_n
ひいきにしているインド料理屋さんから特別にデリバリーしてもらったお料理は、おいしくてお腹いっぱい。

楽しく踊り、キャンドルを見つめ、たくさんおしゃべりしたノールーズ。
本当に楽しかったです!!

10488133_10203319512661722_4492764504479314376_n

 

今日はスタジオハフラ!

今日は春分の日、そしてスタジオハフラ「ノールーズ」を開催します!

前回の記事で触れましたが、ノールーズはペルシャのお正月。
日本にお正月飾りがあるように、ノールーズにもお正月飾りがあり、

キャンドル、鏡、硬貨、酢、リンゴ、にんにく、ヒヤシンス…

などなどいろんなアイテムがあるのです。

写真の草?はそのアイテムの一つで、ノールーズの10日前から赤いリボンを巻いて育てた豆の芽。悪運を吸収する意味があるんだそうです。

伝統に沿ったお飾りをして、私たちは春の訪れを祝って踊ります。

きっと素敵なハフラになる、そう思います!

 

 

3/21春分の日ハフラ「ノールーズ」に向けて

3月に入り、日がどんどん長くなっていくのを感じますね。
今年の春分の日は3月21日。
この日に、私は小さなスタジオハフラ(ダンスパーティー)を企画しています。

このハフラのコンセプトは、「ノールーズ」。
「ノールーズ」とは、ペルシャのお正月のこと。
春分の日をお正月としてお祝いする習慣は、中央アジアからイランにかけての地域に根付いています。

この「ノールーズ」に重要な役割を果たすのが、キャンドルです。
(この地域にあった古代宗教「ゾロアスター教(拝火教)」の影響を受けているのだとか。)

自作キャンドルでハフラの演出をしたい!

という私の妄想にぴったりマッチした「ノールーズ」。

この日に、スタジオの生徒さんたちと踊ったり、食べたり、そしてキャンドルナイトを楽しんだりします。

その日が待ち遠しくて、今張り切ってキャンドル制作に励んでます。