• 080-3427-8713
  • raksyasmin@gmail.com

月別アーカイブ 2018年8月14日

~クラシックダンスに夢中だった子供時代~アナヒッド・ソフィアンの半生記第4回

前書き
今回よりいよいよ彼女の半生を幼少時代より振り返っていきます。幼少よりダンスが好きで、クラシックのダンサーになることを夢見ていたアナヒッド。恵まれた才能と身体能力を持った彼女はクラシックダンスのキャリアを築いていきます。

Preface
From this time I will look back on her early childhood. Anahid loved dancing and dreamed of becoming a classic dancer. With a blessed talent and physical abilities, she built a career of classical dance.

【お断り】
本連載で引用しているテキストおよび写真はアナヒッド・ソフィアンの許可を得て使用しています。無断転載は固くお断りいたします。
(Images are posted with permission from Anahid. Unauthorized reproduction of images and texts is strictly prohibited.)

Anahid Sofianの公式サイトはこちら→ http://www.anahidsofianstudio.com/

***************


アナヒッドの母、ベルジューヒの16歳当時の写真
Berdjouhi, Anahid’s mother the age of 16.

私の両親は1920年代の終わり頃、トルコからニューヨークに移民としてやって来て、兄のマラルと私はそこで生まれました。アナヒッドという名前はとても古く、アルメニアの異教の女神に由来します。ペルシャにも同じ女神がいますが、そこではアナヒータと呼ばれています。
My parents were both from Turkey and emigrated to NYC in the late 1920s, where my older brother, Maral, and I were born. My name Anahid, is very ancient. It is the name of a pagan Armenian goddess. The Persians have the same goddess but named Anahita.

私の父は詩人で、母には歌の才能がありました。私は幼い頃からダンスの才能があり、ラジオから音楽が流れるといつも、踊ったり回ったりしたものです。母は私にダンスを学ばせようとしましたが、父はとても保守的で厳格で、ダンスは品の良い女性がやるものではない、と反対しました。私はピアノを学び兄はバイオリンを弾きました。私は兄に伴われて両親の友人のためにささやかな演奏をすることもよくありました。
My father was a poet, and my mother had a gift for singing, I showed talent for dance from a very early age – any time music came on the radio, I would start to dance and twirl around. My mother wanted me to take dance lessons, but my father was old-world and very strict; respectable women didn’t dance. I was given piano lessons, and my older brother played the violin. I used to accompany him and we would do small performances for my parents’ friends.

12歳のときに、私はやっと許可をもらってバレエやタップ、アクロバットの勉強を始めることができました。バレエは週にたくさんレッスンを受け、メキメキと上達していきました。先生は私にトウシューズを履かせて「白鳥の湖」のソロをプライベートに教えてくれました。
However, at around 12 years of age, I was finally allowed to study ballet, tap and acrobatics. I developed very rapidly in ballet and I was taking many classes a week. My teacher put me on pointe and started to teach me a solo from Swan Lake privately.


白鳥の湖の衣装を着た14歳の頃のアナヒッド
Anahid at age 14 in her Swan Queen costume


アクロバティックなポーズを取るアナヒッド。
Anahid does an acrobatic pose

大人になってからは、モダンダンスをレスター・ホールトンの弟子のベラ・レウィッツキーに師事し、同時にジャズやアフロ・キューバンダンスも学びました。私がミドルイースタンダンスに興味を持つようになったのは、かなり後のことです。
Later as an adult, I also started to study modern dance with Bella Lewitsky, a protégé of Lester Horton, and other dance forms such as jazz and Afro-Cuban. My interest in middle eastern dance came much later.”

 

編集後記
私がアナヒッドの半生記を紹介したいと思ったきっかけが、彼女が今年の「母の日」にSNSにあげていたお母さんの写真を目にしたことでした。
私はオリエンタルダンスの先生としてのアナヒッドしか知らない。
どこで生まれて、どんな風に育って、どこでオリエンタルダンスに出会ったのだろう?
そんな素朴な疑問と興味を持ったのでした。

次回はいよいよアナヒッドとオリエンタルダンスの出会いを紹介していきます。

Editor’s Note
The reason I wanted to introduce Anahid’s Half-life note was that I happened to see a picture of her mother which she posted in SNS on this year’s “Mother’s Day”.
I only know Anahid as an oriental dance teacher.
“Where were she born, how did she grow up and where did she meet Oriental dance?”
I had such simple questions and interests.

Next time I will introduce encounters of Anahid and Oriental dance.

~伝統舞踊を舞台芸術へ~アナヒッド・ソフィアンの半生記第3回

前書き  Preface

第3回目となりました「伝説のダンサー、アナヒッド・ソフィアン」シリーズ、今回は振付師としての彼女を紹介します。
The third part of “Anahid Sofian” series is about her career as a choreographer.

【お断り】
本連載で引用しているテキストおよび写真はアナヒッド・ソフィアンの許可を得て使用しています。無断転載は固くお断りいたします。

Anahid Sofianの公式サイトはこちら→ http://www.anahidsofianstudio.com/

**********

「この記事はオリエンタルダンサーとしての私に焦点を当てているとは思いますが、振付師としての活動も、自分の創造的な生き方の大きな部分を占めています。私は中東の文化に着想を得た作品を踊るカンパニーも結成しています。

私は1974年初めてモロッコを訪れ、この旅によって人生の方針が変わりました。私はカンパニーを立ち上げる決心をしたのです。
1979年に私はカンパニーを設立しました。自分がバレエやモダンダンスといったクラシックダンスで学んできたトレーニングメソッドや演出法を民族舞踊に応用していきました。
私が最初にカンパニーに振付けた作品「モロッコ」は、ニューヨーク州から賞を得ました。後年、モロッコのダンスと音楽に焦点を当てた完全作『マラケシュ 魔法陣の中で』というプログラムを作りました」

I know you are focusing specifically on the oriental dance, but activities as a choreographer also play a major part of my creative life.

I had a chance to go to Morocco in 1974, and that trip changed my life. It inspired me to form a company, which I did in 1979, and with my background in ballet and modern dancer, I combined my training as a classical dancer with folkloric forms. My first company choreography was titled “Morocco” and it won a grant from New York State. Later, I produced an entire program, Marrakech: Inside the Magic Circle, focusing on the dance and music of Morocco.

アナヒッドは、伝統舞踊にバレエ、モダンダンス、現代音楽の芸術的要素を統合するという手法で、伝統舞踊の形と色を損なうことなくその表現の幅を広げることを目指しています。彼女の作品の独自性は、この「融合」にあると言えます。

彼女の作品のインスピレーションの源は多様性に満ちた中東文化です。西洋では「ベリーダンス」として知られ、中近東全域で様々なバリエーションがあるラクス・シャルキやトルコのジプシーダンス、エジプトの伝統的なアワリムスタイルといった踊りの他、モロッコの部族の力強い踊りや優美で詩的な美しさに満ちたアルメニアの女性の踊りといったフォークロリックダンスなどです。

Anahid’s vision integrates artistic elements found in ballet, modern dance and contemporary music in ways that express and broaden the traditional forms without sacrificing their integrity or authenticity. This combination makes the Company’s repertory unique and original. Inspiration is drawn from the rich diversity of Middle Eastern cultures. Dances include many variations on Raqs Sharqi, known in the West as “bellydance” and found throughout the Near and Middle East, from the dances of the gypsies of Turkey to the traditional Awalim style from Egypt. Folkloric dances include earthy dances from Morocco and women’s dances from Armenia which reflect their grace and lyrical beauty.

アナヒッドの活動は度々表彰や助成金を受けており、また彼女のカンパニーの作品は高い評価を得ています。カンパニーはカーネギーホールやエイブリー・フィッシャーホール、クリーブランド美術館といった数々の大舞台で公演を重ねており、また10年近くリンカーン・センターの舞台芸術図書館にて定期公演を行っていました。

Anahid has received several grants and awards, and her company has gained a reputation for quality work. They have performed on numerous mainstream stages such as Carnegie Hall, Avery Fisher Hall, and the Cleveland Museum of Art. They also were regular favorites at the Lincoln Center Library for the Performing Arts over nearly ten years.

「振付師としてのあなたの活動は、オリエンタルダンスの地位向上に役立ったと思いますか?」
私(編集者)はアナヒッドに質問を投げてみました。

I (The editor) asked her a question;
Does your work as a choreographer help elevate the status of oriental dance?

「役立っていると思います。オリエンタルダンスが単なるナイトクラブやパーティー向けの踊りじゃないということを知ってもらいたいから、舞台向けのグループ振付も作ってきています。実は、私の作る舞台で一番人気があるのがオリエンタルダンス振付なのです。華やかで、カラフルで、どのダンサーもライトを浴びてソロで踊る場面を用意していて、お客さまには大好評です!」

Yes, I think so. As I said, I have made group choreographies of oriental dance for the stage, too, to show that it is not only a nightclub dance or a dance just for parties. Frankly, those oriental dance choreographies are the most popular ones in our shows – the audience really loves them! Exuberant, colorful, and all the dancers get to do solos to taxsims so each dancer is highlighted.”

アナヒッド・ソフィアン・カンパニーの主だった公演記録
Anahid Sofian Company’s major performance highlights are:

Festivals at Town Hall (1999, 2000 and 2003)
Marrakech: Inside the Magic Circle, at Baruch Performing Arts Center (2005)
Passage through Light and Shadow: The Children of Ararat, at the Theatre of St. Clements Church (2010)

【編集後記】

かなり間が空いてしまいましたが、第3回は振付師としてのアナヒッドに焦点を当ててみました。
彼女のカンパニーが中東の踊りやオリエンタルダンス作品で高い評価を得ているのも、アナヒッドがバレエやモダンダンスを通じて素晴らしい作品や舞台を学び、ロサンゼルスのモダンダンスカンパニーで仕事をしてきたからなのでしょう。カンパニーにおいてアナヒッドのトレーニングを受けてきたダンサーたちもまた、幅広いダンス経験を持っています。

バレエやモダンダンスといったクラシックダンスでキャリアを積んだ彼女がどうしてオリエンタルダンスの道に入っていくことになったのか?
次回からは彼女の歩いてきた道を幼少時代から追っていきたいと思います。

(Editor’s Note)

Although it has been quite a long time, the third chapter focused on Anahid as a choreographer.

Her company has a high reputation for Middle Eastern dance and Oriental dance work, because Anahid learned about good choreography and theatre through her studies in ballet and modern dance and working with a professional modern dance company in Los Angeles. And the dancers in her company also have extensive dance backgrounds, in addition to training with Anahid.

Why did she decide to enter the way of oriental dance with a career in classical dance such as ballet and modern dance?
From next time I would like to follow her walking path from early childhood.