田園都市線・宮崎台駅前 一生涯のキレイを手に入れる!子連れOKのベリーダンス教室

menu

ラクスヤスミン ベリーダンススタジオ

~アナヒッドとオリエンタルダンスの出逢い~アナヒッド・ソフィアンの半生記第5回

幼少の頃よりクラシックダンスを学び、バレエやモダンダンスの世界で活躍してきたアナヒッド。彼女はどのようにしてオリエンタルダンスに出逢い、プロの道を志すようになったのでしょう?いよいよ、オリエンタルダンサーとしてのアナヒッドの物語が始まります。

(冒頭の画像:1960年代、マンハッタンにあるペルシャのナイトクラブ「ダルビッシュ」で踊るアナヒッド)

Preface
Anahid who has studied classical dance since childhood and has been active in ballet and modern dance world. How did she come across Oriental dance and started to aspire for professionalism? Finally, the story of Anahid as Oriental dancer begins.

(First Image: Anahid performing at the Persian nightclub “Darvish” in Manhattan, in the Sixties.

【お断り】
本連載で引用しているテキストおよび写真はアナヒッド・ソフィアンの許可を得て使用しています。無断転載は固くお断りいたします。

(Images are posted with permission from Anahid. Unauthorized reproduction of images and texts is strictly prohibited.)

Anahid Sofianの公式サイトはこちら→ http://www.anahidsofianstudio.com/

***********************

私がオリエンタルダンスに出会ったのは、ロサンゼルスのモダンダンスカンパニーの在籍中に負った膝の怪我から回復しつつある頃でした。(私はニューヨークで生まれましたが、幼少時にロサンゼルスに引っ越し、そこでバレエとモダンダンスの訓練を積んでいました。)
怪我をしてから1年間、踊りを中断せざるを得ませんでした。1960年代当時、私はジャズミュージシャンと結婚しており、ニューヨークで仕事をしたいという彼に付き添って生まれた地に戻ったのです。
そしてそこで初めて、オリエンタルダンスに出逢い、たちまち恋に落ちてしまいました。私は呟きました。
「これは私にとってのセラピーだわ!」と。

My discovery of this dance form happened at a time when I was recovering from knee injuries working with a modern dance company in Los Angeles. (Though I was born in NYC, we moved to Los Angeles when I was a child.)  It was there that I had all my training in ballet and modern dance.
After the injuries, I had to stop all dancing for over a year.   It was the Sixties, and I was married to a jazz musician at the time, who wanted to come to NY for his career.
During that time I saw my first oriental dancer in NYC!  I fell in love with the dance and said to myself, this is therapy for me!

 

当時はオリエンタルダンスの教室はありませんでした。私はダンサーの動きを観ては、自宅に帰って練習、これを何度も何度も繰り返すことで学んでいったのです!
ダンスの習得には1年以上かかりましたが、私はプロフェッショナルになる決心をして中東のクラブだけでなく、ベリーダンサーを看板にしていたアメリカンクラブでも踊り始めました。仕事の口はたくさんあったけれども、日中の会社勤めは続けました。生活のために週6日もナイトクラブで踊るのは嫌だったからです。それでも、ギリシャやペルシャ、アラブ、アメリカンクラブなど多くの場所で踊りました。
こうして自分の身体の回復のために始めたオリエンタルダンスが、一生涯続く仕事へと変わっていったのです。

No one was teaching at that time, so I learned by watching and then going home to practice, practice, practice!
It took me over a year, but I taught myself the dance, and then I decided I wanted to do it professionally, and started to go out working in the clubs, not only the middle eastern clubs, but American clubs, too, who featured bellydancers.  There was a lot of work around….  All this time, I kept a day job because I didn’t want to dance in nightclubs six nights week to support myself.  But I did work many of the Greek/Persian/Arabic and American clubs, too.
So, what started as therapy became a life-long passion.

 

【編集後記】
オリエンタルダンスは身体に負担が少ないため、日本でも年齢を問わず楽しめる踊り、として定着してきていますが、セラピーとしていち早く取り入れていたアナヒッドはとても先進的ですね。

実際にオリエンタルダンスがリハビリ中に心と身体の両面でどのように役立ってきたのか、また、もともとはクラシックダンスの世界で活躍してきた彼女がなぜオリエンタルダンスに惹かれたのか、もう少し詳しくお話を聞かせてもらいました。これについては、次回の記事で紹介したいと思います。

Oriental dance has become established as a dance that can be enjoyed regardless of age even in Japan, because it has less burden on the body. I thought Anahid was very advanced because she had taken it as a therapy early.

How did Oriental dance actually serve both mind and body during rehabilitation?
Why she, who had been active in the classical dance world, was attracted Oriental dance and decided to become a professional?

I would like to introduce you her answers in the next article.

関連記事

キレイになれる!ママベリーダンス教室

ベリーダンスバナー用