• 080-3427-8713
  • raksyasmin@gmail.com

子育て戦争のさなかで「自分」を見失わないために

子育て戦争のさなかで「自分」を見失わないために

こどもへの虐待が後を絶たない中、多胎児のお母さんがこどもに手をかけてしまったという痛ましい事件が起きました。

尊い命が失われてしまったという衝撃よりも、そのお母さんへの同情の気持ちが先に立ったというのが事件を知ったときの自分の正直な気持ちです。

24時間、滅私奉公。

お腹が空いた、と時間関係無く、泣く。
おむつが汚れた、と時間関係無く、泣く。
眠い、と時間関係無く、泣く。
理由は不明だけど、真夜中も、泣く。

抱っこ抱っこで腱鞘炎になって、痛いけど抱っこしてて外みたら、もう夕暮れ。
ああ、一日またこんな風に終わっちゃった。

子育てってリセットできないんだ!

当たり前のことに気づいて愕然とする新米ママの頃の自分。

自分は一人分の子育てだけでもいっぱいいっぱいだったのに、それを複数同時だなんて。
片時も心も身体も休まることなどなかったのだと容易に想像できるし、自分が同じ立場だったら理性を保っていられるかどうか。保っていられたとしてもギリギリのところだと思います。

先日のレッスンでも、スタジオ内でそんな話題になりました。
冒頭のお母さんの気持ちが痛いほどわかる、とも。

私のスタジオに来てくれているみなさんは、子育て真っ最中か、赤ちゃん連れでベリーダンスをスタートしたベテランママばかり。(今年の春から幼稚園に入っちゃったけれど、双子の男の子連れで通ってくださっていたママさんも!)

「子連れOKのベリーダンス教室」

自分が理想とする教室スタイルに落ち着いたのも、ママさんたち自身がベリーダンス通じて「自分」を大切にしようと時間をやりくりして頑張っていること、それを応援するご家族の存在があるからでしょう。

生徒さんのお子さんたちから花束を受け取る私

ワンオペ育児で頑張っているママさんたち、どうか周囲を巻き込んでご自身に立ち返る時間を持ってください。こどもが心から可愛いと思えるようになるように。

Mちゃんと♪

★★今後のイベント予定★★

かわさき市民まつり

✴︎市内最大のお祭りに出演します!観覧無料。
ぜひお越しください!


日時:11月3日(日) 10:50 – 11:10
場所:おまつり広場西ステージ (富士見公園・川崎競輪場)

管理人