• 080-3427-8713
  • raksyasmin@gmail.com

更年期のこと

更年期のこと

私事ですが、先週誕生日を迎え一つ歳を重ねました。
歳を取るのが嬉しくないお年頃と言えばそうでもあるけれども、更年期卒業年齢になったのかな?、と思うと嬉しくもありで。

これまであまり更年期について触れてこなかったのは、「ベリーダンス=婦人科系に良い」と触れ回っているのになんだ普通に更年期の症状あるの?って思われるのが嫌だったからです爆。

私は多分世間の尺度からすると軽い方だと思うのだけれど、閉経した後ぐらいからなんとなく身体がだるいと感じることが多くなりました。

こどもたちが大きくなって続々と家を出ていきやっと念願の自分の時間が持てるようになった!振付作ろう、自主練しよう、好きなことしよう、やりたいことはたくさんあるのに、色々描いたことがプラン通りに動かない。身体が重くて、気力が持たなくて。

私ってこんなにナマケモノだったっけ?

もともとコツコツ努力型のはずなのに、気づくとダラけている自分がすっごーく嫌でした。

でも、少し前にテレビで更年期に関する報道をたまたま観て、あ、自分の無気力の原因は怠け心ではなくコロナ禍のせいでもなく更年期だからなのか、と理解するに至り、ちょっと気持ちが楽になったかな。

そして改めて、そんな不調を抱えるさなかにも私には踊りがあって良かった、と思ったのです。

美しい曲、楽しい曲、悲しい曲、色んな曲に惹かれてそっと近寄ってみる。
最初はなかなか仲良くなれなくても、ふとしたきっかけで糸口が見える。

音楽の一部になれたかな、という瞬間がたまらなく心地よい。
そうなりたいから、地味な反復練習も細々とでも、続ける。

更年期の辛い症状には医学的アプローチが必要だと思う。我慢でどうにかなるものでもないですよね、それまでの自分を守ってきたホルモンバランスが崩れるわけですから。

その一方で、心の支えになるものも、大切だと思う。
それが、私にとってのベリーダンス。

今日のルーティン:

  1. 旋回
  2. シミー+ジル練
  3. ジルで1曲踊る
  4. 振付作り
  5. ヨガ
管理人