• 080-3427-8713
  • raksyasmin@gmail.com

月別アーカイブ 2017年5月27日

「ダンスを生きる」ために必要な二つのこと(アメリカ短期滞在日記その5)

田園都市線・宮崎台の「一生涯のキレイを手に入れる!子連れOKのベリーダンス教室」主宰のヤスミンです。
5月上旬に9日間、アメリカへダンスの勉強をしに行ってました。

たった9日間の滞在でしたが、踊りを愛するものとして大事なことを学んで帰ってきました。
その「学び」を短期滞在での出来事を振り返りつつまとめていきたいと思います。(前回記事はこちらになります。)

Banafshehのワークショップでは、虚飾を捨てて本来の自分を出すこと、それが「ダンスを生きる」ことであると自分自身に落とし込むことができました。

では、ダンスにおける「技術」とは、自分の本質を語るために必要なのでしょうか?

なんとなく、「技術」というと自分で自分を型にはめてしまいそうな先入観があります。

逆に、自由に踊るフリースタイルは、型にはまらない分「技術」がおざなりになっている気がします。

私がフリースタイルの自由さに惹かれつつも長い間距離を置いていたのは、20年以上前にフリースタイルを得意とするダンサーさんのワークショップを受けたときに、彼女のお弟子さんたちの踊りが傍目から見て「自由に踊っているけれど、客観的に観て響かないな。技術が無いからかな。」、と思ったからでした。

その時のことを友人のアーティストさんにしたときに、彼女はこう言いました。

「技術的に素晴らしくても、響かない人っています。観ていてツマラナイんですよね。」
「ヤスミンさんが観た『自由に踊っているけれど響かないダンサーさんたち』は、恐らく自由に踊っているように見えても実は『自分をよく見せようとしている』からツマラナイんですよ」

彼女の言葉は真意を突いているな、と思いました。
確かに、今回のワークショップで参加している方々の踊りを観てきましたが、一番私の心に残ったのはダンスの経験の殆ど無い方の即興舞(詩の朗読に合わせて踊られてました)だったのです。

彼女の踊りはシンプルで、でもなぜか揺さぶられる。
後で聞いた話ですが、彼女は当初亡くなられただんなさんとの思い出の曲で踊ろうと思ったのだそうです。
それが、曲が見つからなかったので急きょワークショップの参加者に頼んで「水」に関する詩を朗読してもらい、それに合わせて踊ったのだとか。

ああ、「彼女の想い」はダンスを通じて観ている人に届いていたのだ。
バイアスの入らない踊りは人の心に何かを残すのですね。

では、ダンスや他の芸術における「技術」の立ち位置って何なのでしょう?

Banafshehの言葉の中に、答えを見つけました。

「アートの中における『技術』は、もっと自由に飛ぶために必要なものです。『自由』と『技術』は、どちらかに偏るのではなく、両方が『結婚』することが大事なのです」

永年の疑問が溶けて、自分の目指す方向性を見つけた瞬間でした!

続く。

【お知らせ】

*6月24日(土)ラクスヤスミンベリーダンススタジオ10周年記念チャリティー発表会を二子玉川駅近くのライブハウスにて開催します!16時開演・入場無料・子連れ観覧OK!
詳細はこちらをご覧ください。

*基礎クラス・隔週開催の子連れママさん限定クラス生徒さん募集中!詳細はこちら(通常クラス ママさん限定クラス)をご覧ください。

 

ダンスを学びに行ったのに「ダンサーにはなるな」とは?(アメリカ短期滞在日記その4)

田園都市線・宮崎台の「一生涯のキレイを手に入れる!子連れOKのベリーダンス教室」主宰のヤスミンです。
5月上旬に9日間、アメリカへダンスの勉強をしに行ってました。

たった9日間の滞在でしたが、踊りを愛するものとして大事なことを学んで帰ってきました。
その「学び」を短期滞在での出来事を振り返りつつまとめていきたいと思います。(前回記事はこちらになります。)

滞在日記の続きです。
ワークショップ5日目の午後のセッションのことです。Banafshehがこんなことを言いました。

Don’t be a dancer(ダンサーにはなるな)

…ダンスを勉強しに行ったのに、こんな風に言われたら面食らいませんか?

その言葉の意味するところが知りたくて、質問したんです。
そしたら、彼女はこう言いました。

ダンサーとしてのマスクを捨てなさい。
ダンスを「生きて」いきなさい。

言わんとすることは、なんとなく分かってきたけれど、ダンスを生きるってどういうことなんだろう?

私にとってとても大事なことのような気がして、さらに質問しました。
すると、1人のアメリカ人参加者が堰を切ったように喋りだしたのです。

「私が説明しましょう。ダンサーになるな、とは上っ面で踊るな、ということ。ダンスを生きる、というのは昨晩の満月ダンスパーティーであなたが見せてくれた踊りのことよ。本当に素晴らしくて感動した。それはあなたが心から踊っていたから。」

…やっと、腑に落ちました。
確かに私はあの日の晩、自分をどう見せようなんて意識はかけらもなく、ただただ「自分」を踊れることが幸せで、踊っていたのでした。

 

ダンサーは、「観られる」ことを意識して踊っていますよね。

意識するからこそ、自分を作ろうとする。

でも、踊りの本質はそうではない。
マスクを脱ぎ捨てて、本来の自分を踊ること。

 

このワークショップに参加できてよかった。
踊りの本質を自分の中に落とし込むことができて本当に良かったです!

(多分、「虚飾せず本来の姿を見せる」ということ踊りに限らず色んな芸術ジャンルに言えることではないのかな、と思います。)

 

…さて、ここまで読んでくださったみなさまに質問です。

では、ダンスにおける「技術」ってなんなんでしょう?
ありのままの自分でOKなら、技術習得に励まなくてもいい?

…答えは次回のお楽しみ(笑)

【お知らせ】

*6月24日(土)ラクスヤスミンベリーダンススタジオ10周年記念チャリティー発表会を二子玉川駅近くのライブハウスにて開催します!16時開演・入場無料・子連れ観覧OK!
詳細はこちらをご覧ください。

*基礎クラス・隔週開催の子連れママさん限定クラス生徒さん募集中!詳細はこちら(通常クラス ママさん限定クラス)をご覧ください。

発表会に向けて、自分演目練習開始!

田園都市線・宮崎台の「一生涯のキレイを手に入れる!子連れOKのベリーダンス教室」主宰のヤスミンです。

発表会に向けて、私も自分の演目の準備に入りました。

3年前から少しずつ取り入れてきた即興を、今年はこのお二人の演奏でやろうと思ってます。

毎年アラブ太鼓隊を率いて発表会を盛り上げてくれるマルさん(左)と、ヘナアートをお描きしたことで親しくなったフルート奏者のミッチさんこと、鈴木充子さん。

昨日は初顔合わせ、文字通りまっさらな状態から練習をスタートさせました。
お二人の奏でる音はとても自由で、私も心の赴くままに踊ることができてとても気持ちが良かったです。

ところで、ベリーダンスには民族舞踊の顔と、アンビエントに代表されるようなフリーな即興スタイルの顔がありますね。(トライバルのようなフュージョンスタイルもありますが、ここでは割愛します。)

後者はスピリチュアル的な雰囲気をまとっている印象が強く、学んではみたもののちょっと違うなぁと感じたことも正直ありました。

でも、5月上旬にアメリカで旋回舞踊を学んだときに、Banafshehの自由度の高い踊りを目にして、心の底から感動して

カテゴリに分けなくてもいいのでは

、と感じたんですね。

ベリーダンスはもともとが即興の要素が強い踊りですし、「フリースタイル」で踊るにしても、語る言葉として私の根底にあるのはベリーダンスの基礎ですから。

(それだけ自由度の高く自分を雄弁に語れる踊りだからこそ、ベリーダンスは世界的に愛好者が増えたのだ、と個人的に思います。)

今回フルートで参加してくださるミッチさんも、もともとはクラシック畑で音大の大学院を出られた方ですが、より自由な表現を求めて即興を開始された、というなんだか私に似た経緯を持ってらっしゃいます。

そして、ダラブッカ(アラブ太鼓)のまるさんも、伝統リズムから離れて独学で「秘密兵器」の練習に励み独自の奏法を編み出しつつあるという!

そんな素晴らしい共演者に恵まれて私はとんでもなくツイてます!

 

【お知らせ】

*6月24日(土)ラクスヤスミンベリーダンススタジオ10周年記念チャリティー発表会を二子玉川駅近くのライブハウスにて開催します!16時開演・入場無料・子連れ観覧OK!
詳細はこちらをご覧ください。

*基礎クラス・隔週開催の子連れママさん限定クラス生徒さん募集中!詳細はこちら(通常クラス ママさん限定クラス)をご覧ください。

満月の夜、踊って踊って(アメリカ短期滞在日記その3)

田園都市線・宮崎台の「一生涯のキレイを手に入れる!子連れOKのベリーダンス教室」主宰のヤスミンです。
5月上旬に9日間、アメリカへダンスの勉強をしに行ってました。

たった9日間の滞在でしたが、踊りを愛するものとして大事なことを学んで帰ってきました。
その「学び」を短期滞在での出来事を振り返りつつまとめていきたいと思います。(前回記事はこちらになります。)

「言葉の壁」にぶつかってどんどん気持ちが沈んでいったワークショップ4日目、ちょうど満月の日でした。

この日の夜のセッションは「満月のダンスパーティーにしましょう」、とBanafsheh。

キャンドルの灯りだけで、フリースタイルで踊る。
たった一つの条件が、「喋らない。一言も」。

文字通り、キャンドルの灯りだけで1時間、自由に自由に踊りました。

言葉を上手く使えないもどかしさから解放されて、誰に見せるわけでも主張するわけでもなく、心の底から「踊る喜び」を感じて無我夢中で、踊る、踊る。

自由に自分を踊ることが、こんなにも楽しいことだなんて!

 

夜のセッションの終了後、「屋根裏部屋」に戻った私は昂揚感でなかなか寝付けず…

そうしたら、隣のドミトリー(相部屋)での会話が聞こえてきたのです。
(古い古い農家を改装したと思われる合宿所、なんと隣室を隔てる壁が板一枚で、板壁のすき間から光は漏れるし当然物音もダダ漏れ状態!)

耳に飛び込んできた会話にびっくり。なんと私のことを話題にしているではありませんか。

「あのJapanese girlの踊りを観た?…ワンダフル!!!」

自分のためだけに踊っていたのに、それがまさか人の心を動かしていたとは。

鎧をかぶっていた心がゆるんだ瞬間でした。

続く。

 

【お知らせ】

*6月24日(土)ラクスヤスミンベリーダンススタジオ10周年記念チャリティー発表会を二子玉川駅近くのライブハウスにて開催します!16時開演・入場無料・子連れ観覧OK!
詳細はこちらをご覧ください。

*基礎クラス・隔週開催の子連れママさん限定クラス生徒さん募集中!詳細はこちら(通常クラス ママさん限定クラス)をご覧ください。

6/24(土)チャリティー発表会に向けて

田園都市線・宮崎台の「一生涯のキレイを手に入れる!子連れOKのベリーダンス教室」主宰のヤスミンです。

チャリティー発表会に向けての練習がだんだん熱を帯びてきました!

もともとの振付にあった「自由パート(一人一人が即興で動く箇所)」。
せっかくだから自分たちなりにフォーメーションを作ってまとめてみたいんです、という要望がありました。

いい考えだな、と思ってOK出したらとってもいい形で作ってくれました!

通常レッスン開始前から自主練含めて2時間半、みっちり練習の甲斐あってとっても見応えのある作品になりつつあります。

たくさんのお客さんに観てもらいたいですね!
レッスン参加有難うございました。あと1か月、集中して頑張りましょう!

…そして、朝早くからママにつき合わされていつの間にか床に沈没しちゃってるTくん。長丁場お疲れさま。ありがとうね!

 

【お知らせ】

*6月24日(土)ラクスヤスミンベリーダンススタジオ10周年記念チャリティー発表会を二子玉川駅近くのライブハウスにて開催します!16時開演、入場無料・子連れOKです!
詳細はこちらをご覧ください。

*基礎クラス・隔週開催の子連れママさん限定クラス生徒さん募集中!詳細はこちら(通常クラス ママさん限定クラス)をご覧ください。

語学の壁にぶつかって(アメリカ短期滞在日記その2)

田園都市線・宮崎台の「一生涯のキレイを手に入れる!子連れOKのベリーダンス教室」主宰のヤスミンです。
5月上旬に9日間、アメリカへダンスの勉強をしに行ってました。

たった9日間の滞在でしたが、踊りを愛するものとして大事なことを学んで帰ってきました。
その「学び」を短期滞在での出来事を振り返りつつまとめていきたいと思います。(前回記事はこちらになります。)

 

「この人から旋回舞踊を学びたい」

、という情熱だけで決行したアメリカ行きでしたが、念願のワークショップだ!さあ頑張るぞ!!、という気持ちがとある問題に直面して、みるみる萎えてくるというお粗末な事態に陥っていきました。

その問題とは、「語学力」。

私は英語が不得意な方ではありません。
それでも、見渡せば日本人は私だけ、ネイティブスピーカーでないのも私だけ。

ワークショップそのものは言葉の説明が無くても動き中心なのでついていけたけれども、参加者同士が楽しく会話して親睦を深める「三度のお食事タイム」が辛かったです。

周囲の弾丸トークに入ろうにも入っていけず、沈黙して過ごす食事時間…

食べ終わってそそくさと部屋に引き上げたくても、滞在費を浮かすためにキッチンの後片付けのバイトに入っていたので、みなさんが食事を終えるのを待つしかなくて(苦笑)

ところが、そんな鬱々とした気持ちを発散する機会が訪れ、それが一つの転機となります。

続く。

 

(写真は、合宿中に私が使っていた個室です。古い農家の屋根裏部屋を改装したものと思われます。暗いし狭いし、床は傾いているし(笑))

 

【お知らせ】

*6月24日(土)ラクスヤスミンベリーダンススタジオ10周年記念チャリティー発表会を二子玉川にて開催します!詳細はこちらをご覧ください。

*基礎クラス・隔週開催の子連れママさん限定クラス生徒さん募集中!詳細はこちら(通常クラス ママさん限定クラス)をご覧ください。

「この人から学びたい」という情熱だけで決めた渡米(アメリカ短期滞在日記1)

田園都市線・宮崎台の「一生涯のキレイを手に入れる!子連れOKのベリーダンス教室」主宰のヤスミンです。

実は、お休みをいただいていた5月5日から14日まで、アメリカへ単身、ダンスの勉強をしに行ってました。

9日間の滞在で得たこと、感じたこと…

どう文章にしてお伝えすればいいのか、何度も指はキーボードの上を行きつ戻りつしてしまいますが、滞在中の出来事を振り返りつつ少しずつまとめていきたいな、と思います。

さて、今回の渡米の主な目的は「スーフィー(イスラム神秘主義)の旋回舞踊の理解を深める」ことにありました。

昨年夏から旋回舞踊を始め、練習の成果もあって技術面は身に付きつつありました。

「どうして回っているだけなのに、こんなに深い瞑想状態に入れるのだろう」

旋回舞踊の奥深さを身体的に感じるようになればなるほど、「回ることで宇宙と地球を繋ぐ」というこの踊りの歴史的・思想的な背景をより深く学んでみたい、という気持ちが強くなっていきました。

そこで、この分野のトップダンサーであるイラン人のBanafsheh Sayyadの合宿形式のワークショップに参加することにしたのです。

Banafshehは「Dance of Oneness®」というダンスの提唱者でもあります。

「Dance of Oneness®」はスピリチュアル・科学のエッセンスを散りばめたヒーリングダンスで、具体的にはスーフィーや東洋の陰陽思想、中国医学(経絡)の知識を踏まえつつ、旋回舞踊や他の民族舞踊を取り混ぜて自由に踊っていくダンススタイルです。

もともとはスーフィーの旋回舞踊をもっと探求したくて申し込んだワークショップでしたが、Banafshehの提唱するヒーリングダンスメソッドにもとても興味が湧きました。

踊ることで自らを癒し、そしてより自由になれたらどんなに素敵だろう…

熱に浮かされたようになった私は、開催場所すらろくに確認せず(正確な場所を調べたのは渡米前日!大都市近郊かと思いきや、ニューヨークからアムトラックで5時間、マサチューセッツ州のローカル駅からさらに車で40分ほど離れた山の中のキャンプ地でした。。。)「この人から学んでみたい」、という情熱だけで単身乗り込んでいったのでありました。

続く。

 

【お知らせ】

*6月24日(土)ラクスヤスミンベリーダンススタジオ10周年記念チャリティー発表会を二子玉川にて開催します!詳細はこちらをご覧ください。

*基礎クラス・隔週開催の子連れママさん限定クラス生徒さん募集中!詳細はこちら(通常クラス ママさん限定クラス)をご覧ください。

 

踊って社会貢献!チャリティー発表会2017今年も開催します!

あっという間に5月も終盤。そして、年に一度の発表会シーズンがやってまいりました♪

二子玉川駅近の小劇場のようなライブハウスKiwaにて、「踊って社会貢献」をテーマに、今年も華やかで可愛くてセクシーで楽しいステージを繰り広げていきます。

ぜひ足をお運びください!

(当日は募金箱を設置いたします。みなさまの善意を「あしなが育英会」通じて震災孤児の就学支援に充てさせていただきます。)

ラクスヤスミンベリーダンススタジオ チャリティー発表会2017

【出演】Yasmin&Studio dancers タブラ隊M!VUY 鈴木充子(フルート)
【日程】2017年6月24日(土)
【時間】開場15:30/開演16:00
【場所】KIWA二子玉川 (田園都市線・大井町線「二子玉川」駅下車徒歩5分  東京都世田谷区玉川3-20-11-B1F  アクセス)
【料金】無料 (1drink ¥500別途・全自由・整理番号あり)  ※座席を必要としない乳幼児はドリンク無しでもOK
【予約】KIWA ※5月21日(日)12:30〜予約開始です。

<KIWAでの予約方法>
ネット予約: 専用予約フォーム より受け付けます。
電話予約:  KIWA 03-6805-7948(12:30~14:30)までお願いいたします。

 

スタジオ臨時休業のお知らせ

田園都市線・宮崎台の「一生涯のキレイを手に入れる!子連れOKのベリーダンス教室」主宰のヤスミンです。

誠に勝手ながら、5/5(金)から5/14(日)まで休暇をいただきます。

休み明けのレッスンは5/16(火)からになります。

体験レッスン・見学その他お問い合わせはこちらより随時受け付けておりますが、電波の届きにくい場所に滞在するため返信が遅れてしまいます。ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

また、6月24日(土)に発表会を予定しており、中級クラスは発表会練習中心のレッスン内容となりますのでこのクラスの募集は会が終わるまで一旦お休みさせていただきます。基礎クラス・不定期開催のママクラスは通常通り募集しておりますのでご検討いただければと思います!