• 080-3427-8713
  • raksyasmin@gmail.com

Category Archive イベント

春分の日を起点に

春分の日の3連休、みなさんはどう過ごされたでしょうか?
春分は太陽が春分点を通過する日、昼と夜の長さが逆転し始める日。そして、イランと中央アジアではこの日はお正月(ノウルーズ)に当たります。

コロナ禍になる前は、毎年この時期新年会代わりの小さなハフラを開いてました。今年は開催できるかな、と状況みてたけど感染状況が収まらずでやっぱり見送ることにしてしまって。

でもね、やっぱり気候も良いことだし、家に籠ってばかりなのでたまには外に出たいのです。
ちょうど魅力的なお誘いもあったので久しぶりに遊んじゃいましたよ、しかも連チャン♪

まず日曜日。
発表会でお馴染み、ウード奏者の矢島夕佳里さんと一緒にペルシャ音楽ライブを聴きに行きました。

ペルシャ音楽を生演奏で聴くのは初めて。
繊細な楽器の調べにうっとり。

イラン料理のプレート。


スパイスの効き目は穏やかでどれもとても美味しかったです。
(普段は作ってばかりだもの、人様の作るごはん、後片付けもいらないごはん、なんて楽なんでしょうね♪主婦休みバンザイ。)

ライブにお邪魔した目的の一つはこの方、トンバク&ネイ奏者の青木アクバルさんにお会いすること。
夕佳里さんからご縁を繋いでいただき、発表会に出演していただくことになりました。

そして、月曜日はここ。
友人ダンサーさん主催のミニ発表会兼ライブにお邪魔しました。
ウードの夕佳里さんは今日はゲスト奏者さんとして演者さん側に。私は客席最前列でかぶりつき鑑賞です。

ベリーダンス始めて半年の方から、ショーにも出てるプロダンサーさんまで様々なバックグラウンドの方たちの踊りを拝見しましたが、どのダンサーさんも「踊りが好き!」オーラをまとってとても楽しそうでした。

やっぱり踊りっていいなぁ。キャリア関係なく、どの方の踊りも観てるだけでも幸せになっちゃうのね。(前も同じこと書いてたと思いますが)

ノウルーズを境として自然が息を吹き返していくように、私もスタジオのみんなとハッピーな場を育てていきたいなと思いました。

ダンス動画撮影会

コロナ禍で参入目論んでいたダンスイベントが残念ながら中止。
せめて練習した踊りを形として残したいと思って動画撮影会を内輪でこっそりやりました。

(去年もリアルイベントが流れて動画撮影となり使った同じ会場。職員さんに「またイベントキャンセルですか?」って気の毒そうな顔で言われちゃって。1年ぶりなのに職員さん、よく覚えてますね。舞台メイクで子連れ集団、あまり無いからかも(笑)?)

今回は前回よりさらに感染症対策徹底ということで、不織布マスクにフェイスベール着用。これはこれで雰囲気出て良かったかな。表情はあまり見えなくても条件反射といいますか、マスク裏でも舞台向け笑顔ですよもちろん。

こちらの動画は途中、私たちの踊りに誘われたのか小さな王子さまが乱入してます☆
こちらは2クラス合同演目です♪

ママダンサーズのこどもたちも大分大きくなって3時間もの間自主的に遊んでいてくれて助かりました。ありがとうね、こどもたち。

最後に全員で記念撮影!

だったら自分たちでイベントを創ろう

ダンスイベントは中止になっちゃったけれど、だったら自分たちでイベント作っちゃえ、と発想転換。

イベントで踊りたかった曲で踊る、動画撮影会をすることにしました。(感染症対策講じて、内輪でやります)


で、その動画、公開します!

どうしたって暗くなりがちな今だから、観てくれる人がハッピーになるような、そんな元気な曲選んで、お届けします。

練習風景チラ見せ動画は、インスタに挙げてます。
こちらから覗いてみてくださいね♡

楽しいことを計画すると、自分も気持ちが上向いていい。


オミクロン→イベント中止→落ち込む、から気持ちが切り替えるきっかけになったのは、先週自主練中に偶然見かけた「人知れず踊りの練習をしている人」(前回ブログにそのいきさつ書いてます。)。どこのだれかわからないけど、感謝してます。

(今日のルーティン)

  1. 旋回
  2. シミー
  3. ヨガ
  4. 腹筋

踊る機会を絶やさない

ちょっと遅れてしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。


あれよあれよという間にコロナ第6波襲来で、ダンスや舞台関連のお仕事にはまだまだ厳しい状況が続きそうですが、引き続き細心の注意を払いつつ、出来る限り踊る機会を絶やさずに、その時その時にできることを丁寧に心を込めてやっていきたいです。本年もよろしくお願いいたします。

さて、昨日が当スタジオのレッスン始めでした。

今回は広い場所を借りて、イベント向け演目の練習。

年末年始、家の中で隙間時間見つけて踊ってはいたけれど、大きな空間でのびのびと、しかもみんなで踊るってなんて楽しい!!

集って、踊って、笑ってと、とっても楽しいレッスン始めでした。

冒頭の抱負の繰り返しになっちゃいますが、こういう機会を絶やさずにコロナから守っていくのが自分のミッション。

今年も楽しく頑張ります!

「音楽の家」発表会無事終わりました

ヤスミンです。昨日無事「音楽の家」発表会終えました。
民族音楽楽器タールのイラン人奏者さんから、「現地の人かと思った」って最高の誉め言葉いただきました♪
(写真はまだいただいてないので去年のを載せておきます💦)

私はアゼルバイジャンダンスの柔らかな手の動きが大好きなので、これからも細々長く続けたいなぁと思います。手先まで神経が行き届くってベリーダンスにも生きてきますしね。
今回発表会に誘ってくださった「音楽の家」主宰のグルナラさん、有難うございました。

さて、一夜明けて今日はベリーのレッスンで、帰宅後とっても嬉しいとっても嬉しいとっても嬉しい連絡がありまして。

体調不良でずっとお休みされてた生徒さんからの復帰しますメッセージ。
言葉には出せなかったけれどずっと心配だったから。

本当に本当に良かった。回復して!

霧がぱああと晴れた日でした♪

今日のルーティン:

  1. 旋回
  2. シミー
  3. ヨガ
  4. 振付手直し

「音楽の家」発表会

前回記事でお伝えしています「音楽の家」発表会の詳細が決まりました。


クラシック主体の音楽教室ですが、主宰のグルナラ・東・サファロヴァさんの故郷、アゼルバイジャンと周辺地域の民族音楽を紹介するコーナーもあります。

私は、そのコーナーの中でアゼルバイジャンの歌に合わせて1曲即興で、もう1曲は伝統舞踊を披露します。

観覧は無料ですが、感染症対策のため予約が必要となります。
(ご希望の方はチラシ画像掲載のメールアドレス、もしくは私にメッセージをお願いします。)

もう本番まで2週間を切ってしまいました。


練習してもまだ納得いかない自分の動きに焦りを感じるのと、
即興=好きに踊っていい、からこそ不安と焦りを感じるのと。

でも、憧れのアゼルバイジャン舞踊をまた舞台で踊らせてもらえること、本当に幸せです。
もしお時間ありましたら、観に来てくださいね。

今日のルーティン:

  1. 旋回
  2. シミー
  3. 民族舞踊の練習
  4. ヨガ

アゼルバイジャン舞踊を踊ります

三連休の最後の日、電車に乗って旭区民ホールというところに合わせ練習で行ってきました。
アゼルバイジャン出身のピアニスト、グルナラ・東・サファロヴァさんに誘われて、彼女の主宰する「音楽の家」という教室の発表会に民族舞踊で飛び入り参加することになったのです。

クラシック主体のお教室だけれど、祖国をこよなく愛すグルナラさん、民族音楽や歌のレッスンメニューも設けていらっしゃいます。
(私は昨年までこのお教室でアゼルバイジャン舞踊を習ってました。かの地の踊りの手の動きの美しさに憧れて、習得してベリーダンスに生かしたい、と思っていたからです。残念なことに民族舞踊のコースは閉鎖されてしまったけれど、忘れたくなくてずっと練習は続けていました。)

今日の練習は歌の方々とご一緒させてもらいました。
ジョージア(アゼルバイジャンの隣国で、グルナラさんの生まれた場所でもあります)の美しい宗教歌、トルコの民謡、アゼルバイジャンの歌(この歌と、タールという弦楽器に合わせて私は即興で踊る予定)…

歌を聴くのも楽しかったし、踊らせてもらってもっともっと楽しくなりました♪

発表会では、録音音源でもう1曲、アゼルバイジャンの伝統舞踊も踊ります。
このような機会を設けてくださったグルナラさんの感謝の気持ちでいっぱいです。

本番まであと1か月、練習頑張らないと!
(「音楽の家」発表会は10月9日(土)旭区民ホールにて開催予定。詳細決まりましたら告知します。)

今日のルーティン:

  1. 旋回
  2. シミー
  3. ヨガ
  4. 民族舞踊

「音を聴く」

昨日のブログでカバーできなかった「音を聴く」について書きます。

音を聴いて踊る、ごくごく自然なこと。そんなの誰でもできるでしょ。
確かにそうだが、これが中々難しい。なんでかと言うと、これも昨日のブログで触れたとおり(少なくとも私に関しては)、「自分を自分以上に良く見せたい」という欲が働くと隙間埋めの虚飾に走ってしまうから。

なので、「諦める」ことが肝心かなぁ、と思う。
「諦める」ということは決して後ろ向きな態度ではなく、「諦める」ことで音が良く聴こえてくるようになるのですよ、本当に。

今年の発表会、自分演目で最後に踊った「Eman Eman」という曲は、もともと楽器演奏者のお二人(ウエダタカユキさん、矢島夕佳里さん)の他にもう一人、歌とパーカッションで入ってもらう予定の方がいたのだけれど、直前になって体調を理由に出演をキャンセルされまして。

大きく編成が変わり、即興演奏で繋いでそれに合わせて踊る、ということになりました。
もう覚悟を決めて諦めるしかない状態だったけれど、実際踊ってみたらとても心地良かったのです。今までより本当によく音が聴こえてきて。

ウエダさん、夕佳里さんの音楽の魔法に載せられて気持ちよく踊ることができました。

余談ですが「Eman Eman」という曲は、もともとクルド人の伝承曲です。
自分の大学卒論のテーマ、クルド人だったんですよね。

国際関係論の一テーマとして調べて書いたので、内容は地政学的なこと、つまり国を持たないマイノリティとしての苦難に満ちた歴史ばかり追っていて、彼らの持つ文化については一言も触れることがなかったし、調べようともしなかった自分。

こんなに音楽を持っていたと当時の自分が知っていたら、彼らを観る目も卒論の内容も変わっていたかもしれない。
今更だけど、知って良かったと心から思います。

今日のルーティン:

  1. 旋回
  2. シミー
  3. ジル
  4. 民族舞踊
  5. 即興
  6. ヨガ
  7. 振付作り

チャリティー発表会無事終わりました

おかげさまで、7月4日(日)チャリティー発表会無事行うことができました。
お越しくださったお客さま、Gemini Theaterのスタッフの方々、ゲストミュージシャンのウエダタカユキさん、矢島夕佳里さん、カメラマンの弥生さん、いつも私を支えてくれる家族、そして一緒に舞台を創った出演ダンサーのみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。有難うございました。

今回より募金箱の設置をやめて、入場料から経費を差し引いた収益を募金する形を取らせていただきました。
本日、23,000円をあしなが育英会に送金しました。募金は自然災害や交通事故等で親を亡くした遺児の就学支援に充てられます。趣旨にご理解くださり、有難うございました。

コロナ禍において2年目となる今回の発表会、去年にも増して痛感したのは「踊れる環境、発表できる場」を持ち続けることでした。

これまで当たり前だったことが当たり前じゃなくなってしまったからこそ、頑張りたい。でも感染状況も見極めて慎重にしなければならない。ブレーキとアクセルを同時に踏んでいるような気持ち。自分がぶれちゃいけないのでいつものように準備を進めてましたが、私、多分どこかで自分も気付かずテンパってたと思います。

それが、発表会のフィナーレで生徒さんからお花いただいたとき(去年は辞退してたのでサプライズでした)、知らず知らずに築いていた心のバリケードみたいなのが一気に崩れちゃったというか。

私は一人で頑張ってきたんじゃなくて、みんなとこの舞台を創ってきたのだわ。

みんなの優しさに触れて、思わず目頭が熱くなってしまったのでした。

ちょっとしんみりさせてしまいましたが!
発表会当日の楽屋は例年通りの女子天国♡

舞台写真はもう少し先のお楽しみなので、次回は楽屋写真をチラ見せしたいと思います♡♡

スタジオリハーサル

早いもので1週間後に発表会!
本日はスタジオでリハーサルを開催しました。

アバニコを用いたスパニッシュフュージョン
ベリーダンスと言えば、ベール!
第一部を締めくくる演目、タブラソロ
可愛くてみんな大好き♡ 25ヤードスカートを使ったフュージョンダンス

スタジオがぱっと華やかになるリハーサル。

もうね、感謝しかないんです。
無事に本番を迎えられること、この1年不安もいっぱいだったけれど、みんなと踊り続けられたこと。
ソーシャルディスタンスだけど、マスク越しだけど、心の中ではひとりひとりをハグしてましたよ。

1週間後の今日は、さらにみんなは輝いている!

2022年7月3日(日) 開場12:30, 開演13:00, 終演15:00予定

Gemini Theater
〒158-0094 東京都世田谷区玉川3丁目20−11 B1
03-6431-0261