• 080-3427-8713
  • raksyasmin@gmail.com

タグアーカイブ ヒーリングダンス

個人レッスン開始しました

今日は「写真で振り返る発表会報告」をお休みして、最近始めました個人レッスンについて書きたいと思います。

初めての受講生さんは、フルート・クリスタルボウル奏者/瞑想ファシリテーターのマナさんこと鈴木充子さん。(「ミッチさん」の愛称で皆さんご存知かと思いますが、瞑想にも今後力を入れていくということで活動名を変えられました。)

マナさんの音楽PV製作のお手伝いをしているところ。将来、マナさんご自身が踊って演奏する動画が生まれてくることでしょう♡

マナさんがどうしてダンスに興味を持ったのか、実際レッスンを受けてみてどうだったのか、感想を送ってくださいましたので、そのままご紹介したいと思います。

◉ダンスを学ぼうと思った理由

身体でできる表現をしていきたいと思い始め、まずは体型を整える方でトレーニングをしていました。

ボディラインがある程度整い始めてきた時、もっと具体的にどんな身体になっていきたいか考えていたら、今度は「ベリーダンサーさんのような女性的な魅力ある身体になりたい」と思いました。

私の場合ゆったり・ゆっくりした動きの美しさに憧れがあるのと、自分の即興音楽に合わせてダンスしたいので、そしたらヤスミンさんしかいない!と思い、レッスンを申し込みました。

◉レッスンの感想

はじめは音楽に合わせて身体をゆったりと動かすウォーミングアップがあり、リラックスできました。 手や腕を使ってできる表現や、 (憧れだった)胸・背骨・腰を波打つように動かすやり方も教わり。 今まで使われてこなかった身体の筋肉たちに、刺激がたくさんありました。

自分の身体の硬さを目の当たりにしてちょっと先が思いやられてますが、 ヤスミンさんは、私ができそうなことを提案して下さり、どうすればできるようになるのかを詳しく解説と実践で見せて下さったので、挫折感が少なく(!)、少しずつできることを増やしていきたいと素直に思えました。

日々の瞑想プログラムの中で自由にダンスすることはやってきたけれど。。 ダンスとして所作の美を学んでいけることや、 それぞれの動きの裏にある意味を知れることは、とても興味深くワクワクしました。

改めて、音楽はダンスであり・ダンスは音楽であることを体感することができました。 自由であることから一歩先の、”表現”を深めることができそうです。 ゆくゆくはお披露目できるよう、根気よく続けていきたいです。

あと、ヤスミンさんは物語性を大事にされてるので、 私の即興音楽でダンスするには、具体的なイメージを持ち・どんなストーリーがあるのかを大切にして下さり、惹き出してくれました。 具体的な想像力が苦手なところがあるので、 これからそれも育まれていきそうな予感です。それが結果的に今後の新たな音楽表現へと繋がっていきそうです。 これからを楽しみにしています。 レッスンをありがとうございました。

マナさん、嬉しい感想ありがとうございました。

私もずっと「踊り」と「音楽」は別物ではなく同じであると思ってきてたので、それが伝わってたかなと思うととても嬉しいです。

マナさんが波打つ動きに惹かれるのも、マナさんの音楽がそうだからなのですね。感想読んで納得しました。

ストーリー表現については、9ヶ月学んだペルシャンダンスの影響が凄く大きいです。 私はそれまで即興ダンスというのは具体的なストーリーや感情を載せるタイプではないと思ってたんですが、人間の生の感情を味わい、(楽しくもあり、時に苦痛も伴う)その根底にあるもの=「愛」、を意識することが、癒しになることを体感しました。(「愛」を率直に語り、表現することって本当に気恥ずかしかったんですが、それがこの講座の一つの大きなテーマでもありました。)

ただ、どっちが良いとか言うのではなくて、ただ音楽に身体を委ね、一体化するのも凄く素敵。両方のアプローチが出来ると、身体表現の奥行きが深まるように思います。

そして、もう一つやっぱり大事なのは、「型」。
人前で踊ることを意識するのであれば、客観的に観てきれいだな、と思う動作の基本を身に着けること。そこは、ベリーダンスとペルシャンダンスの基本動作にヒントがたくさんあるので少しずつマナさんにお伝えしていきたいです。

今回私も学んだことをアウトプットする機会をいただいたことで、更に自分の中に落とし込めていける感じがしました。こちらこそありがとうございます。

私が個人レッスンを始めようと思ったきっかけや、料金等詳細はこちらの記事に載せています。

9か月の旅の終わり

コロナ療養が明けて、10日ぶりに外に出てやったこと第二弾は、自主練。

家でも細々とやってはいたけれど、体調も今一つだったし、24時間家族がいるしであまり集中も出来ずで。

引きこもり生活が終わり、とっても久しぶりに外で、しかも一人になれて解放感も半端ない♪

身体は大分なまってましたが目標としていた「オンラインコースの宿題やること」と、「振付作り進めること」両方頑張ってなんとか形にしました。

久しぶりにソード(剣)の振付作ってます。

オンラインコースは昨年10月から受講していて、先週が最終回。

ベリーダンスではなく、ペルシャン、しかもヒーリングダンスという未知の分野だったので、とにもかくにも週一必ずやった内容を復習して動画を提出する、というのを自分に宿題として課してきました。(宿題は提出義務もそもそもやる義務も無く、あくまで自分が自分に課したルールです。)

9か月間頑張って、もうすぐコンプリートだ!というところでコロナ感染、涙の中断。悔しかったです。仕方のないこととはいえ。

それでも、2回分の内容をまとめて最後に提出できたので今、すっごく達成感に満ちてます♪

9か月間受講して、自分の外面に劇的な変化が訪れたかというと…劇的ではないにせよ、質は変わったように思います。即興面もさることながら、「様々な感情を踊りで表現」するという、自分にとってはかなり難しい内容に取り組み、うまくいかないダサくて鈍い自分を見つめ続けた(今も見つめ続けてます。多分終わりはない。)日々から漏れ出てくるもの。

踊りが「生の人間によるものを再認識する」という得難い経験でした。
先生と支えあった世界各国の仲間に感謝しています。