• 080-3427-8713
  • raksyasmin@gmail.com

丸一日イベントの日の、子育てママの戦略の立て方と楽しみ方#8 「今の自分の姿が誰かを勇気づけている」

丸一日イベントの日の、子育てママの戦略の立て方と楽しみ方#8 「今の自分の姿が誰かを勇気づけている」

「丸一日がかりのダンスイベントに出演する、と決めたとき、ママさんたちはどう動いたか」

7名のママさんたちにヒアリングしてみようと思ったきっかけは、イベント後の彼女たちの充実した表情でした。
当日は勿論のこと、事前準備も含めて大変だっただろうに、

「大きな舞台で気持ちよく踊れて楽しかったです!また出演したい!」

、と言ってくれた。

これってすごいことじゃない?
彼女たちの生の言葉に勇気づけられるママさんたち、きっといるはず!

直感的にそう思い、彼女たちの声を7日間紹介してきました。

何かのきっかけでこの記事にたどり着いてくださったママさんたち、これからママさんになる方たちがこれらのメッセージに共感する部分を見つけたり、あるいは一歩を踏み出す勇気をもらったとしたら、こんなに嬉しいことはありません。

これまで紹介してきた記事を下記にまとめてみました。
それぞれのストーリーに響く部分がきっとあるはずです。ぜひ読んでみてください。また、折に触れて読み返せるよう、このリストは本ホームページの「ママベリー辞典」に載せておきます。(この辞典には、産前産後、子育て中のママさんたちの参考になるトラブルシューティング記事がたくさんありますので、よかったら他の記事も併せて読んでみてくださいね^^)

丸一日イベントの日の、子育てママの戦略の立て方と楽しみ方

  1. 「こどものことよりも、少しだけ自分を大事にして」
    9歳の女の子・3歳の男の子二人連れで参加・お友達にサポートを頼んだケース
  2. 「定期的に会うことを心掛け、良い関係を結ぶこと」
    5歳の男の子・1歳半の女の子を義理のご両親に預けたケース
  3. 「日常が大変だからこそ、非日常でリセットする」
    7歳の男の子・4歳の男の子双子を旦那さまに預けたケース
  4. 「イクメンは最強のサポーター」
    4歳9か月の男の子を旦那さまに預けたケース
  5. 「ずっと”踊るママ”に付き添ってきた子供たちだからこそ、舞台脇で待てた」
    7歳の女の子・4歳の男の子連れで参加、公演中は舞台脇でこどもたちだけで待機してもらったケース
  6. 「『自分の好き』に家族を巻き込んじゃおう」
    5歳の男の子・1歳の女の子を旦那さまに預けたケース
  7. 「娘のライフイベントと自分の舞台が被ってしまった場合の動き方」
    8歳の女の子を旦那さまに預けたケース

★★今後のイベント予定★★

カフカスの春霞

*不思議、だけどどこか懐かしい民族楽器の響き。昨年発表会で出演してくださったウエダさん、矢島さん、ノミヤさんと再度共演させていただきます。

日時:3月7日(土) 14:30 open 15:00 start
場所:西荻窪 音や金時 (西荻窪駅北口より徒歩 杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1)
出演:ウエダタカユキ(クレタンリラ・ケメンチェ)、矢島夕佳里(ウード)、ノミヤタカコ(ダルブッカ・レク・ダフ)、ヤスミン(踊り)
Charge:2700円(+ワンオーダー)

春分の日ハフラ・ノールーズ

*春分の日はイランや中央アジアのお正月(ノールーズ)。このおめでたい日にちなんでスタジオ新年会を開催します。

日時:3月20日(金) 13:30-16:30
場所:森のスタジオ

Studio Yasmin チャリティー発表会2020

*「踊って社会貢献」をテーマに年に一度の発表会を開催します。

日時:6月28日(日) 日中開催予定
場所:二子玉川 Gemini

管理人