• 080-3427-8713
  • raksyasmin@gmail.com

丸一日イベントの日の、子育てママの戦略の立て方と楽しみ方#1「こどものことよりも、少しだけ自分を大事にして」

丸一日イベントの日の、子育てママの戦略の立て方と楽しみ方#1「こどものことよりも、少しだけ自分を大事にして」

ダンス!ダンス!たかつ2020に出演した子育て真っ最中ママダンサーズの生の声をお届けします。

トップバッターはSさん。イベント当日は二人のお子さん連れで、ママにとってもお子さんにとっても長丁場だった一日でした。

…多分、大変だったと思うのだけれど、一番元気でテンション上がっていたのが、彼女。本番でも観客に手拍手をあおるなど、ノリノリ♪その元気の源ってなんでしょうね。私も気になります^^

Sさんのケース

  1. こどもの年齢・性別: 9才女の子 3才男の子の合計2人
  2. 家族のサポートの状況: パパはサービス業なので土日仕事のためいない。そのかわりお友達に来てもらって本番のとき子守をしてもらった。
    もしお友達が来れなければおねえちゃんに見てもらったり携帯を見せたりして控室に待っていてもらうことにしていた。
  3. 事前準備: 子供と仲良しのお友達、子供がいない独身の友達にかたっぱしから連絡する。wifiや携帯の充電満タン。切れた時のゲーム持ってくる。お菓子大量と水筒。
  4. 当日の流れ: リハーサル室や控室に入れるのならそこに携帯とお菓子と共にいてもらう。(空き時間の間は、丸井の屋上でおにごっこしたり、子供のおもちゃ売り場で遊ばせたりしてました。)
  5. イベント参加の感想や、その他、後進ママさんたちへのアドバイスなどあったら:

    自分のことと子供のことといろいろいっぱいいっぱいになってイライラしちゃうかもしれないですが、子供たちに自分の好きな用事に付き合わせているという気持ちでありがとうの気持ちにがんばってなる。

    その日だけは好きなこと好きなお菓子食べたいだけ与える。ごはんのこととか気にしない。

    イベントがおわったら「ありがとう」を伝える。好きなことをしてるおかぁさんは家事育児に必死になってがんばってるおかぁさんよりとってもキラキラしてるとおもいます✨

    毎日楽しく過ごしてるおかぁさんはその楽しさが子どもたちにも伝わっていいことだと思います。やりたいこと我慢せず(縛りとかいろいろあって探すの大変だけど)子どもたちのことよりも少しだけ自分を大事にしてやりたいことやってください♥
    (ちなみに私はかなり自分のことの方が大事ですwww)

Sさん、速攻でお返事有難うございました!

「やりたいことを我慢せず、少しだけでも自分を大事にやりたいことをやる」

それは自分勝手とは性質が全然違うんですよね。
身体はって屋上庭園で3歳男児と鬼ごっこして、それからステージでのびのび踊ってた彼女、本当に素敵だと思います。

【こちらの記事も併せてどうぞ】

  1. 「こどものことよりも、少しだけ自分を大事にして」
    9歳の女の子・3歳の男の子二人連れで参加・お友達にサポートを頼んだケース
  2. 「定期的に会うことを心掛け、良い関係を結ぶこと」
    5歳の男の子・1歳半の女の子を義理のご両親に預けたケース
  3. 「日常が大変だからこそ、非日常でリセットする」
    7歳の男の子・4歳の男の子双子を旦那さまに預けたケース
  4. 「イクメンは最強のサポーター」
    4歳9か月の男の子を旦那さまに預けたケース
  5. 「ずっと”踊るママ”に付き添ってきた子供たちだからこそ、舞台脇で待てた」
    7歳の女の子・4歳の男の子連れで参加、公演中は舞台脇でこどもたちだけで待機してもらったケース
  6. 「『自分の好き』に家族を巻き込んじゃおう」
    5歳の男の子・1歳の女の子を旦那さまに預けたケース
  7. 「娘のライフイベントと自分の舞台が被ってしまった場合の動き方」
    8歳の女の子を旦那さまに預けたケース
管理人