• 080-3427-8713
  • raksyasmin@gmail.com

Category Archive 民族音楽

人のためになりたい

昨日は台風の動向に神経を尖らせつつも、お出かけ決行。

最初の目的地は、吉祥寺。
発表会でお世話になったウード奏者の矢島夕佳里さん贔屓のインド・ネパール服飾店「didi」でミニライブを開くということだったので、久しぶりに彼女の演奏を生で聴きたい!と思いまして。

当日急展開で最後の演目に飛び入りで踊らせてもらう、というハッピーなハプニングがありドキドキ楽しいライブでした。夕佳里さん、粋な計らい有難うございました。生演奏はやっぱりいいなぁ。

写真は発表会の時のものです。この演目を再び踊れるなんて!

ライブの後、会場となったdidiのデザイナーさんと夕佳里さんの対談がありまして、これがまた非常に良かったのです。

夕佳里さんと、didiデザイナーのSonogaさん

若い頃に事故を起こして片目を失明、かなりの挫折経験を経て、服飾デザイナーを目指し、ショップを立ち上げることを決心したいきさつを話されていましたが、何が彼女をそこまでの行動に駆り立てたかというと、

「こんな私だけど人のためになりたい」

、と思ったからだそうです。

自分のデザインした服を着て喜んでくれる人がいる
その服が売れることで、生産拠点のネパールの女性たちを経済的に支えることができる

お土産にいただいたターバン。頭に巻いてもいいし、ちょっと肌寒い日にはネックチーフがわりにもなるそうです。

なんて素敵なことでしょう。

もう少し長居したかったけれど、夕方から自主練で場所を借りていたので後ろ髪をひかれつつ土砂降りの雨の中、溝の口へ移動。

溝の口に着くと、向こう側の空は青空、反対側の空は雷鳴とどろく曇り空、という不思議な空模様になっていて、なんだか浄化の空。

溝の口では3時間半かけてレッスン向けの振付3曲作ってました。

ソードの振付作っているところ

かなりへろへろになったけど、

「先生の振付好きです」

ってとある生徒さんが言ってた最高に嬉しい言葉を思い出して頑張りました。

私も、こんな私だけど、だれかのためになってるんだ

長い一日の終わりに、そうしみじみ感じました♡

(didiさんはネットショップもされているそうです。気になる方はこちらをチェック!)

先生が踊った憧れの曲

発表会を写真で振り返り、とうとう第2部最後の演目になりました。

Uzundere (アゼルバイジャン舞踊)

この曲は広くコーカサスで踊られていて、私は、私の先生Anahidが踊ったことからこの曲の存在を知りました。オリエンタルダンサーとしての先生とはまた違う、静謐で高貴な踊り。先生のルーツ(コーカサス)に強く惹かれるきっかけとなりました。

Uzundereは谷の名前で、その場所は現在はアゼルバイジャンのナゴルノ・カラバフ州です。
私は日本で出会ったアゼルバイジャン舞踊の先生からこの踊りを教わりました。先生もこの踊りをとても大切にされていました。

そんな特別な曲なので、やはり録音音源ではなく生演奏で踊りたい。
発表会でいつもお世話になっているウード奏者の矢島夕佳里さんに、この曲を演奏してもらえないでしょうか、とお願いしたところ、リサーチにリサーチを重ねて譜面を一から起こしてくださったのです。
しかも、私のために旋回舞踊の部分まで付け加えて!

演目の合間、Uzundereの歴史的背景、譜面が出来上がるまでの経緯などお話していただきました。
踊っているうちに、感謝の気持ちがこみあげてきました。

踊れば踊るほどもっと追及したくなるUzundere。
私の中の理想である先生の踊りにちょっとでも近づけるよう、また練習続けたいと思います。

ペルシャ古典音楽の煌めき

発表会を写真で振り返ります。今回は民族楽器奏者のお二人による珠玉の演奏です。

Chaharmezab Abuata (ペルシャ古典曲)

今回初めて発表会にゲストでお招きしたアクバルさんはイランの太鼓トンバクの奏者さんです。普段ペルシャ古典音楽でライブ活動されているということだったので、1曲発表会のためにペルシャ古典曲の演奏をお願いしました。

私も初めて耳にする旋律。イランの長い歴史の中で育まれ、伝えられてきた音って素晴らしいなと思いました。

トンバクを初めて見るお客さまのために、丁寧な解説もしてくださいました。

主旋律を奏でる夕佳里さんの楽器は、ウード。ウードといえばアラブ音楽界の代表的な楽器だけれども、ウードのルーツはメソポタミアで、その後ササン朝ペルシャに伝わってバルバットと呼ばれる楽器へと発展し(このバルバットが日本に伝わり、琵琶になりました。)、イスラムの普及と共にアラビアに伝わってウードと呼ばれるようになったそうです。

ウードの文化圏はとても広いんですね。それぞれの地域色や、演奏方法の違いなどあると思うのですが、研究熱心で自分の音にしてしまう夕佳里さん、凄いなと改めて思いました。

民族楽器奏者さんと、最後の合わせ練習

日曜日は発表会リハーサルをスタジオで行い、午後は矢島夕佳里さん(ウード)とアクバルさん(トンバク)のお二人との最後の合わせ練習を行いました。

生演奏では2曲踊る予定です。
1曲めは、前のブログで紹介しましたアルメニア詩人の作品。
そして、もう1曲はアゼルバイジャン人の先生から教わった現地の踊りをアレンジしたものです。

民族舞踊って一見素朴なのに奥が深くて、私はまだその入口に立っているひよっこ状態なのですが、頼もしい楽器奏者さんのお力借りてその魅力を少しでも伝えられたらな、と思います。

お二人が帰られた後、私はもう少し残ってジル(フィンガーシンバル)を使う演目の練習をしました。

ジルは金属製のカスタネットなので、消音しないと家では練習できません(涙)。
でも楽器なので、消音だとちゃんと演奏出来ているかどうか確認できません(涙)。

実際叩いてみると案の定、あちこちに物足りない音が入ったり、入れたいところで抜けたり汗
でも、久しぶりに思い切り鳴らせたので感覚が掴めてきたかなぁ。

本番までまた消音練習になるので、この感覚が鈍りませんように!!

Studio Yasmin 15周年発表会

日時: 2022.7.3(日) 12:30開場 13:00開演
場所: Gemini Theater 二子玉川
料金: 一般2500円 高校生以下1500円 未就学児無料
※要ワンドリンクオーダー

出演: Yasmin & スタジオダンサーズ
ゲスト出演: 矢島夕佳里(ウード) Akbar Kenji Aoki (トンバク)

座席予約方法: 予約フォームにて承ります。

詩の国の太鼓は優しい響き

発表会投稿、延々と続きます。
今回はもう一人のゲスト、トンバク奏者のアクバルさんを紹介します。

「トンバク」って何?って思われる方多いと思うので、まず簡単に楽器の説明を。
トンバクはイランの太鼓です。ゴブレットの形をしていて見た目は少しダルブッカ(ベリーダンスの伴奏で一般的に使われる太鼓)に似ているけれど、ダルブッカより柔らかくて優しい音を出します。

トンバクを持つアクバルさん

アクバルさんとは、ウードの矢島夕佳里さんを介して知り合いました。
「すごく素敵な演奏をするトンバク奏者さんがいるんですよ。」、と夕佳里さんからお聞きして、まだお会いしたことも演奏を聴いたこともなかったのに、夕佳里さんがおっしゃるなら間違いない!と思って発表会出演を打診してもらい、めでたくスカウト成功♪そして早速ご本人に挨拶しなければ、と今年3月のノウルーズ(イランのお正月)ライブを夕佳里さんと聴きに行ったのです。

演奏を聴いてもいないのにお願いしちゃっていいの?だいたいトンバクで踊ったこともないのにいきなり発表会??
って思われるかもしれないけれど、そこはだって、夕佳里さんのアンテナが反応した人だもの♪

さて、いそいそとお邪魔したペルシャ音楽ライブ、めちゃ良かったんですこれが!イランは詩の国って言葉があるそうですが、アクバルさんの太鼓もまるで詩人の呟きのよう。

イラン料理屋さんでのノウルーズライブの様子です。

私はアクバルさんのトンバクの響きにとても惹かれ、アクバルさんに発表会でぜひぜひ演奏していただきたい!と思ったのでした。

(そういえば、自分の行動パターンって「準備してから動く」のではなく、「先に決めてからなんとかする」のだったわ。)

…というわけで、発表会に初登場のアクバルさんのトンバク、ぜひぜひ聴きにいらしてくださいね!

Studio Yasmin 15周年発表会

日時: 2022.7.3(日) 12:30開場 13:00開演
場所: Gemini Theater 二子玉川
料金: 一般2500円 高校生以下1500円 未就学児無料
※要ワンドリンクオーダー

出演: Yasmin & スタジオダンサーズ
ゲスト出演: 矢島夕佳里(ウード) Akbar Kenji Aoki (トンバク)

座席予約方法: 予約フォームにて承ります。

感謝の気持ちを踊りで伝えたい

今日は練習動画チラ見せではなく、発表会ゲストのお二人を紹介しようと思います。
今回は、ウード奏者の矢島夕佳里さん。

ウードは「楽器の女王」とも言われ、古い歴史を持っています。私も大好きな楽器です。

彼女は、中東・ラテン・ペルシャ・コーカサスなど幅広い地域の音楽をレパートリーとして持っていてあちこちのライブに呼ばれる人気者。なのにご本人はとても謙虚な方なのです。

今回の発表会で踊ってみたいと思っていのは、私の先生がかつて踊ったコーカサスの伝統曲。あまり知られてない曲なのか、夕佳里さんのレパートリーにはありませんでした。

難しいお願いかも…だったのに、「やってみましょう」と一言。数か月後、なんと「耳コピ」して譜面を起こしてくださいました。

「耳コピ」!!

言葉通り、耳で聴いた音を再現すること。
夕佳里さん曰く、そもそも民族音楽の世界では昔は譜面というものが存在せず、師匠の演奏を耳で聴いて覚えて音楽を習得する方法が普通だったとか。

「目の前で弾いてくれる師匠」はいないので、色んな演奏動画を観て研究したそうです。そして、譜面を書き上げた彼女の一言が

「自分への最高の誕生日プレゼントとなりました」、と。

日付が変わった深夜、やっと作業が終わり、気が付くとその日は自分の誕生日だったのだそう。

いただいた音源は本当に心に沁みました。
私は精一杯練習して、踊りで感謝の気持ちを伝えたいと思います。

その曲は、今回の発表会のラストで踊ります!

Studio Yasmin 15周年発表会

日時: 2022.7.3(日) 12:30開場 13:00開演
場所: Gemini Theater 二子玉川
料金: 一般2500円 高校生以下1500円 未就学児無料
※要ワンドリンクオーダー

出演: Yasmin & スタジオダンサーズ
ゲスト出演: 矢島夕佳里(ウード) Akbar Kenji Aoki (トンバク)

座席予約方法: 予約フォームにて承ります。

アルメニア詩人の歌を踊りたい

今日はウード奏者の矢島夕佳里さん、トンバクのアクバルさんとの合わせ練習でした。


この曲は、アルメニアの詩人サヤト・ノヴァの作品です。彼が詩だけでなく音楽も手掛けていたことを、去年お邪魔したライブでの夕佳里さんの演奏で初めて知りました。ノヴァの生涯を描いた「ざくろの色」という映画作品が大好きだったので、今回この曲で踊れることがとても嬉しいです。

今まで、歌詞の大意をつかんでその雰囲気で振り付ける、というのはやってきたけれども、今回はサヤト・ノヴァの詩の一字一句を動きで表現したいなと考えました。

アルメニアの女性歌手が歌う、Qani Vur Jan Im。現地語の響きがとても美しいです。英語の訳詞はこちらの動画を参考にしました。


詩に忠実に、というのは無謀な試みかなとも思ったけれど、夕佳里さんの美しいウードの旋律と、アクバルさんの優しいトンバクの響きに助けられつつ、踊ります。動画はチラ見せですので(笑)是非全編を観に来てくださいね。

Studio Yasmin ベリーダンス発表会

日時: 2022.7.3(日) 12:30開場 13:00開演
場所: Gemini Theater 二子玉川
料金: 一般2500円 高校生以下1500円 未就学児無料
※要ワンドリンクオーダー

出演: Yasmin & スタジオダンサーズ
ゲスト出演: 矢島夕佳里(ウード) Akbar Kenji Aoki (トンバク)

座席予約方法: 予約フォームにて承ります。

ジルカバー作り

ジル(サガットとも言います)は、ベリーダンサーさんが踊りながら叩く金属製のカスタネットです。
金属特有の突き抜けるような音を出すため、自宅練習には消音対策が欠かせません。

今までは穴の開いた靴下を再利用して消音カバーを作ってましたが、練習を重ねると穴が開いてきてしまうのが悩みの種でした。

擦れて穴が開きまくったカバーたち

なので、ボロボロになったのを機に今回はフェルトで作ってみよう!と思い立ち、早速作ってみました。

使いさしのフェルト生地、もともとはこどもが幼稚園時代、手作りに精を出していた頃の名残です。(よくもまぁあんなマメなことしてたもんです。)

多分20年ぶりぐらいに引っ張り出してみたフェルト、色も残り具合もバラバラ。
まぁそれはそれで、よし。自宅練習用だし誰かに見せるものでもないですからね。

ジルの大きさより一回り大きくフェルトを切って、重ね合わせてチクチク。

私が何か目新しいことをしていると、必ず邪魔に入って来るうちのちび。

出来ました!意外と可愛いかも♡

叩いてみると、消音もバッチリ。
何より今までの靴下カバーより見てくれが良いので練習も楽しくなりそうです!

お裁縫が本当に嫌な方は、100均で売ってる家具の脚カバーが使えます。見た目は今一つだそうですが(実際使っているプロダンサーさん曰く)消音第一なのでこちらも良かったら♪

「音楽の家」発表会

前回記事でお伝えしています「音楽の家」発表会の詳細が決まりました。


クラシック主体の音楽教室ですが、主宰のグルナラ・東・サファロヴァさんの故郷、アゼルバイジャンと周辺地域の民族音楽を紹介するコーナーもあります。

私は、そのコーナーの中でアゼルバイジャンの歌に合わせて1曲即興で、もう1曲は伝統舞踊を披露します。

観覧は無料ですが、感染症対策のため予約が必要となります。
(ご希望の方はチラシ画像掲載のメールアドレス、もしくは私にメッセージをお願いします。)

もう本番まで2週間を切ってしまいました。


練習してもまだ納得いかない自分の動きに焦りを感じるのと、
即興=好きに踊っていい、からこそ不安と焦りを感じるのと。

でも、憧れのアゼルバイジャン舞踊をまた舞台で踊らせてもらえること、本当に幸せです。
もしお時間ありましたら、観に来てくださいね。

今日のルーティン:

  1. 旋回
  2. シミー
  3. 民族舞踊の練習
  4. ヨガ

アゼルバイジャン舞踊を踊ります

三連休の最後の日、電車に乗って旭区民ホールというところに合わせ練習で行ってきました。
アゼルバイジャン出身のピアニスト、グルナラ・東・サファロヴァさんに誘われて、彼女の主宰する「音楽の家」という教室の発表会に民族舞踊で飛び入り参加することになったのです。

クラシック主体のお教室だけれど、祖国をこよなく愛すグルナラさん、民族音楽や歌のレッスンメニューも設けていらっしゃいます。
(私は昨年までこのお教室でアゼルバイジャン舞踊を習ってました。かの地の踊りの手の動きの美しさに憧れて、習得してベリーダンスに生かしたい、と思っていたからです。残念なことに民族舞踊のコースは閉鎖されてしまったけれど、忘れたくなくてずっと練習は続けていました。)

今日の練習は歌の方々とご一緒させてもらいました。
ジョージア(アゼルバイジャンの隣国で、グルナラさんの生まれた場所でもあります)の美しい宗教歌、トルコの民謡、アゼルバイジャンの歌(この歌と、タールという弦楽器に合わせて私は即興で踊る予定)…

歌を聴くのも楽しかったし、踊らせてもらってもっともっと楽しくなりました♪

発表会では、録音音源でもう1曲、アゼルバイジャンの伝統舞踊も踊ります。
このような機会を設けてくださったグルナラさんの感謝の気持ちでいっぱいです。

本番まであと1か月、練習頑張らないと!
(「音楽の家」発表会は10月9日(土)旭区民ホールにて開催予定。詳細決まりましたら告知します。)

今日のルーティン:

  1. 旋回
  2. シミー
  3. ヨガ
  4. 民族舞踊